UX Zeitgest の書籍ランキングの翻訳本を集めてみた

以前、「UXに関係する書籍や記事を集めたUX Zeitgeist」っていうネタを書いてるんですけど、たまに「開いてみたら英語だったよ…、Orz」とか言われることもあるので、一体どれぐらい翻訳されて日本で発売されているのか調べてみました。

uxd-books

その「UX Zeitgeist」ってのは前回も書いたように、

Important books, articles, and topics on user experience design, according to the UX community.

こんな感じでして、ユーザーエクペリエンスデザインに関係する重要な本やサイトの記事、トピックなどを集めたコミュニティサイトみたいなもんです。

全部調べるのは無理なので、第1弾は1位から50位まで

現在ここに登録されている本は、さまざまなジャンルで計600冊を超えてます。

さすがにこれを全部調べるのはちょっと時間もかかりすぎるので、とりあえず1位から50位までの中から日本語訳されてAmazonでも入手可能な本を抜粋しました(※一部バットマンみたいなコミックとかは抜いてます)。

中には「え?それって関係あるの?」って思われるのも含まれるかもしれませんが、ここに登録している人たちがいろいろ思うとこがあって追加してると思ってくださいね。

リスト数字は今日現在のランキング、日本語の書名はAmazonにリンクしてます。

ご覧になってわかるように映画並みに原題と邦題が違っていたり、同じ著者で似たようなタイトルを何個か出してたりもするので、間違えないように対応させるのが大変でした。気が向いたら、100位まではまとめてようかと思ってます。

しかし、モチベーション3.0とか何すかね、その違いはまるでダイハード4.0みたいじゃないですか…(実はあの映画北米版のタイトルは違う)。

このランキングの内容は全体のランキングなので多種多様な分野の本が混じってます。UX Zeigestの中ではトピックのとこでジャンルやカテゴリわけされてるので英語平気な方はそっち見た方が早いですかね。

あ、あと、そうでした。昨日午前中に書いたネタの中にちろっと出してたリンク先に実はこのサイト(Get Mental Notes)が載ってましてね。リンク先のリンク先なのでいちいち書いてなかったのですが、この書棚は心理学とか脳科学、経済学などの書籍リストになっています。

見た目のデザインうんちゃらで盛り上がったり、HTML5とかCSS3みたいな技術を勉強するのもいいですが、こういう書籍も読んでみると新しい発見があるんじゃないかな〜。

(追記)参考までに。前回も書いてますが、UX Zeitgestのボクのリストです。今現在手元にある書籍は「myReadingList」に、これから読もうかな?って書籍を「myWishList」に並べてます。こないだよりはちょっと増えたりしてます。

Tags: , , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE