Tweetingsがなにげに良かったり

突然ですが、最近お気に入りのTwitterクライアント「Tweetings」を紹介したいと思います。実は私、iPhoneの中にいくつかのクライアントを仕込んでまして、その時その時の状況に応じて使い分けてます。例えば、写真を撮ってアップロードするならコレ、ただタイムラインを見るだけならコレ、一言だけFacebookと同時に書きたいならコレ、そんな感じです。

基本はずっとTwittelatorのPro版だったのですが、いかんせん機能が多すぎるため、UI的に誤操作をしがちで困ることも多い。もう少しシンプルで、かつそれなりに多機能なクライアントを探してました。そこで見つけたのが、冒頭のTweetingsです。

SpringBoard Tweetings timeline


もともとWindowsのクライアントを作られてたトコのiPhone版の位置づけのようですが、いやいやコレが良くできてます。直感的な操作とかって部分ではTweetie 2あたりも凄いと思うのですが、こちらもまぁページングやスライドによるリロードなんかは用意されてます(タイムラインのページングが一定数を超えるとうまくいかないなど、問題もいくつか目には付きますが)。

こんな感じの見た目でその辺のクライアントと大して変わりません。Tweetie 2のように下にスライドしてリロードする、オートアップデートするなどオプションで細かく設定可能です。一応Pushにも対応してます。

Mentions InReply

こいつが他と違うところは、ReplyやReTweetをする時の画面だったりします。それらのボタンがあるのは当たり前ですが、発言の下に「In reply to 〜」や「ユーザー名 + ユーザー名」みたいなボタンがあるんですね。実はこれが便利(*1)。

上の右の画面は「In reply to 〜」を押した先の画面なのですが、ここでは起点となった発言からぶら下がったやりとりを一覧できます。一方の「+」で繋がれた方のボタンをタップすれば、二人のタイムラインだけにフィルタされるので、In reply toで紐付いてなくても流れを把握できるというわけです。

これはReTweetなんかで複数のユーザー名が並んでいる場合も、その発言のユーザーと他のユーザーとが「+」で繋がれてリストされます。フィルタされた先の画面では、右上の新規メッセージのボタンを押せば自動的に二人の名前が@付きで入るって仕掛けです。

ただ流れていくタイムラインを眺めるだけでなく、時には会話の流れをみたうえでMentionを入れるみたいなこともある場合は、このTweetingsをちょっと試してみると良いかもしれません。無料ではないですが、そんなお高いわけでもないので。

#もちろんReply時には元の発言も表示されますし、オプションで左手操作モードとかも選べたりします。Instapaperに放り投げることもできたりと、UIがスッキリしているわりに実は多機能なのです。

#rarr; Tweeings(iTunes Store)

*1: そういえば、これはNatsuLiphoneがベースだからそっちにもともとあったんですね。最近ちょこちょこアップデートしてたので、てっきりこっちだけなのかと(笑)

Tags: , , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE