ThinkUp で自分のソーシャルアクティビティをまとめる

TwitterにFacebookとソーシャル系サービスを使うのはいいんだけど、「自分の発言のまとめやつぶやきに対する反応みたいなものまとめておきたいな」とか「バックアップしたいな」といったニーズは少なからずあると思います。実際そういうことができるサードパーティのサービスもありますしね。

thinkup-001

今日は、そんな自分のソーシャルなアクティビティを外部のサービスに頼らず、自前のサーバにインストールしてひとまとめにできるオープンソースのアプリケーション「ThinkUp」を紹介しようかな、と。

ThinkUpは、単純に自分の発言や書き込みをまとめるだけでなく、返信された内容(やりとりの流れ)やRTされた回数といったものまで集計することができるので、企業アカウントでも簡単な効果測定的に使えるかもしれません。

必須条件を確認してインストール

ThinkUpの必須システム条件は、「PHP 5.2(cURL/GD/POD)以上、MySQL 5.0.3以上」になっています。あとWebサーバ(笑)。ファイルは公式サイトからダウンロードしましょう。

thinkup-002

インストールする前にMySQLのデータベースを適当に作って、解凍してアップしたディレクトリにアクセスすればインストールウィザードが動きます。WordPressみたいなものですぐ終わります。なんか困ったことがあったら、マニュアルなども用意されていますので確認を。

一個だけ書いておくと、APCが入ってるとWarningの嵐になります。

ini_set('apc.cache_by_default',0);

これを.htaccess configファイルにいれときましょう。

必要なサービスをアクティベートして、アプリとして登録する

インストールが終わったらログインして、TwitterやFacebookといった情報を取得したいサービスをアクティベートします。アクティベート後、それぞれのサービスでアプリとしてインストールしたThinkUpを登録します。書いてあるとおりにしていけば何てことない作業です。

thinkup-004

Facebookのやり方だけでも書いておくと、アクティベートしてサービス名の部分(上図参照)のリンクをクリックすると、アカウントの登録画面に遷移します。

thinkup-005

そうすると「Facebookアプリを作ってApp.IDとか入れろよ」と言われるので、言われるがままURLをクリックしてFacebookのデベロッパーページに移動します。

最近は、新規アプリの追加に本人確認が必要になっているみたいで、携帯電話を登録してコードを入力するかクレジットカードを登録しないといけないようです。これは、電話番号によるSMSではなく通常の携帯メールでも確認できます。

thinkup-006

アプリ名は適当に、URLにはインストールしたThinkUpのURLをいれます。入力したらそのまま「Create app」ボタンを押せばオッケイ。

thinkup-007

自分のアプリの詳細情報を確認すれば、App.IDをはじめとしてThinkUp側に登録が必要なもろもろのキーが載っています。それらをコピーして入力しましょう。

thinkup-008

「save options」をクリックすれば、あとはFacebook connectのリンクが出るので追加したいアカウントと連動させます。Twitterも同じような感じでアプリを登録してあげればオッケイです。

アカウントを登録したらアップデート

アカウントの登録が終わったら、そのサービスのページがトップに開かれるはずなので、左上の「Update now」をクリックして過去のつぶやきなどをダウンロードします。Twitterの場合は3,000件でしたっけ?制限がかかってるかと思いますので、古くから使ってる方は全部は落とせないかな?、たぶん。

thinkup-009

アップデート中はこのような進行状況を表示する画面が表示されます。何か問題があったら赤字でホニャララと表示されます。

検索もできるし、CSVで保存もできるThinkUp

こんな感じでインストールが終われば、自分の発言の一覧を取得して振り返ることはもとより、前述したような返信やそのやりとり(会話形式での流れ)、RTされた回数、フォロワー数の変化なども確認することができます。

thinkup-010

thinkup-011

他にも、フォロワーさんのつぶやきの中からリンク付きのつぶやきのみ、写真付きのつぶやきのみを拾い上げたりといったこともできます。面白いところではフォロワーの中でつぶやきが多い人をリストアップもできます(うちのフォロワーさんのMaxは、200 posts/per hourです 笑)。

ThinkUpには検索もついてますし(日本語ももちろん大丈夫)、自分のつぶやきなどをCSVファイルとして保存することもできます。こういうとこは、ブックマークアカウント的な使い方の人には結構便利かもしれませんね。

昨日今日で入れたばっかりなのでグラフなんかが出せなかったのですが、以上、自分のソーシャルアクティビティをまとめるThinkUpの紹介でした。
http://thinkupapp.com/

Tags: , , , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE