TextExpander for touchで入力補完

iPhoneやiPod touchでコピー&ペーストができるようになったわけですが、この機能をもっと拡充する素敵なアプリケーションが発売されました。

Macを使ってる人だと「TextExpander」というユーティリティをご存知かも知れません。これはスニペット(小さな断片とかって意味ね)として特定の単語や文章と略語の組み合わせを登録し、実際の入力時にはその略語を入力すれば指定した文字列が入力補完されるものです。IMEの辞書登録みたいなものね。

そのiPhone / iPod touch版が遂に登場しました。
今なら230円かな?の期間限定価格で購入できます。

で、残念ながら英語の解説しかなくて使い方がわからない方がいらっしゃるかも知れませんので、簡単に使い方をまとめてみましょうね。


まずは起動してみましょう

txp000

右上のオレンジ色っぽいのがTextExpanderのアイコン。
で、起動します。起動すると英語の説明やらが出てきますが、まず無視。

txp001 txp002

初期表示の画面は使い方の文章が表示されます。
上にある「Compose」って書いてあるタブは一定の長文とかを編集・登録できる画面への切り替え、「Groups」って書いてある方はスニペットをグループ分けしながら編集・登録できる画面への切り替えです。それぞれあらかじめサンプルが入ってます。

で、「Groups」の方の「Sample Snippets」をタップして開くとこんな感じ。

txp003

太字で表示されているのが略語で、その下のテキストが実際に入力される内容になっています。自分のオリジナルを登録する際は、右下にある「+」ボタンをクリック、登録されたものを消去する場合は他のアプリと同じようにフリック操作です。

実際使ってみる

txp004 txp010

登録されている個別のスニペットは、左側にある矢印のアイコンをタップすることで、メールやTwitterクライアントに渡したり、内容をコピーすることができます。

txp005

項目の編集などが必要ならその文字列部分をタップすれば画面が遷移します。「Edit」をタップすれば編集可能です。新規登録は、リストの画面の下にある「+」ボタンをタップして、上に略語と下に実際に必要なテキストを登録します。

txp006 txp007

と、こんな感じです。
これだと「gmg」と入力すれば「gmgateway [at] gmail.com」という文字列が自動的に入力されるというわけです。ただし、この略語の入力は他のアプリケーションで使えるわけではなく、TextExpanderのCompose内でしか有効になりません。バックグラウンドで常駐しているわけではないので当たり前の話です。

txp008 txp009

でもまぁ「Compose」の画面では、登録した略語を入力するとこんな感じで自動的にすぐ変換されます(初期設定では)。このComposeの内容もスニペット同様に複数登録できます(画面下のキャビネットみたいなのを押せばリストが出る)。

定型文はCompose、ちょっとしたものはGroups

とまぁ、こんな感じで「Compose」の方には、メールの書き出しみたいな定型文を登録しておけば全文コピーが可能になります。長ったらしい文章をいちいち入力できませんからね(笑)。「Groups」の方には、長いメールアドレスや決まり切った挨拶文、「ごめん、ちょっと遅れる」みたいな日常的によく使う1フレーズなんかをバシバシ登録しておくと、テキスト打つのすら面倒くさい場面でも略語すら入力せずにリストの矢印をタップするだけで内容をコピーしたりできるということできっと便利でしょう。

TextExpanderを起動する手間は増えますが、入力するよりはるかに速いはず。

ちなみにあらかじめプリセットされているスニペットには、「HTML」や「CSS」なんかもあったりします(そんな人ばっかりじゃないだろうし、iPhoneで打とうとは思わないが)。

とはいえ、いちいちiPhoneから登録するのが面倒という方はURL経由で取り込んだり、Mac版のVer. 2.7以上をインストールしていればローカルのネットワーク経由でコピーすることもできるようですよ(うちのTigerではうまく動作しなかったけど…)。

ま、そんな感じで日常のちょっとしたやりとりが楽になるTextExpanderの紹介でした。お買い求めは、iTunes Storeで。

TextExpander(iTunes Store)

Tags: , , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE