Google Wave?、それともFlowdock?

世の中にはいろんな仕事の仕方があります。複数の会社やチームのメンバーでプロジェクトを進行する場合などは、古くから使われてるメーリングリストやWikiなどのツール、チャットや音声通話が利用できるIMなどを使っている方も多いかもしれません。

最近では、高機能なプロジェクトマネジメントシステムだったり、Google Waveなんかも出てきちゃったりで、複数の会社をまたいだプロジェクトのマネジメントというか、制作チーム単位での工程管理というか、複数人でコミュニケーションを取りながら仕事を進めるスタイルにも変化の兆しがありますね。

Google Waveも鳴り物いりで登場した割には、全体的に重いからなのか使い道が思いつかないからなのか、近頃はあまりその話を目にする機会も少なくなりました(使っている方も多いとは思いますが)。が、ここにきて新しい仕事のやり方ができそうなコミュニケーションツールが登場です。その名も「Flowdock」。

Flowdockは何やら良さそげですぞ

このFlowdock、日本時間の3月11日未明にベータアカウントの登録が可能になっていました。サイトにあるビデオを見る限りGoogle Waveに似た感じもありますが、Twitterなどとも連携しているようで何やら良さそうな雰囲気です。

ここで「…いました」とか「良さそうな…」と書いてるのには実は訳がありまして…(笑)。なんだかんだで一気に広まって急激な負荷がかかっているのか、今のところ正常稼働できてないようです(中の人のつぶやきによると)。で、残念ながら現在はインビテーションのリクエスト状態になっています。どうやら復活したようで、現在はサインアップできるようになっています(2010.03.11午前の段階で)。

ボクは速攻でアカウントをいくつか作ったんで「紹介でもしとこうか」とパソコンに向かったのですが、こちらも残念ながらこの画面より先に進めません(笑)。

追って使い方などを紹介できればと考えておりますが、そんなわけなので今日のところはこの辺で閉めたいと思います。興味のある方はサイトの紹介ビデオを見るなり、β版のインビテーションリクエストを送るなりしておくと良いですね。

ひょっとしたら仕事の仕方が変わるかもしれません。

(追記: 2010.03.11)
復活していたので簡単に使い方を書いてみました

Tags: , , , , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE