Posts Tagged ‘mysql’

MacBookにMacPortsでAMPな環境を作る

Tuesday, June 2nd, 2009

たびたびこもりです、こんにちは(謎)。
そういえば、先週、先々週のことになるのですが、自分ちのMacBookのHDDがぶっ飛んでからやってなかったWeb制作環境の構築を「やるか!」と思い立ちまして、その時の作業記録をWiki「CipWiki」にまとめてみました(というより、ただローカルから持ち出しただけ)。

ローカルにWeb制作環境を構築するとなると、サーバのことがわからない場合は一般的に「MAMP」とか「XAMPP」を使うと思うんですが、制作環境の自由度を高めるために私は「MacPorts」を使っています(簡単に言うと、OSとは別にUnix環境を一個作っちゃう)。

Wikiに書いてあることを順おって確実にやっていけば環境構築はできると思うのですが、ちょっとしたミスが原因でエラーになったりして、どうしていいか途方に暮れることになりかねません(エラー対応するにも基礎がないと大変です 笑)。

自由自在にコントロールできる制作環境を作りたいとか、MacPortsを使ってみたいけどどうすればいいかわからない人は、UnixのコマンドリファレンスとかApacheの解説書なんかを片手にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

※一応、自分のメモ代わり兼、知りたい人に面と向かって説明するために用意したものなので、隅から隅まで丁寧には解説してません。しかもUnixコマンドの解説などを除いた抜粋版ですので、あしからず。

フルバックアップがあった(と思ったら)

Monday, April 28th, 2008

突然自分とこだけすっ飛んじゃったこのサーバ、ひょっとしてひょっとすることもあるので(最近WordPressのプラグインが原因であれこれあるみたいだし、まさか…って)、サーバの中をあれこれチェックしていたら…。

「何やら最近の日付のバックアップファイルを発見!」

と思ってとりあえず解凍を試みるも、こないだあまりにも長いので途中でぶった切ってたもんだからちゃんとしたファイルになってなくて解凍できず(笑)。

良い機会なので、こないだバタバタとサーバをアップデートしてそのまま放置していたMySQL関係の件をちゃんと見直すことに。やはり4.xから4.1を素通りして5.0になってしまったのを、いくら自分のサーバだからとそのままじゃイカンだろうと思い直しました。

とりあえずこのあたりのアップグレードに関しての問題は、日本語が含まれるデータがあることによるサーバとクライアント間の文字コードの変換処理です。まぁ、パッケージで楽して入れてるからそのまんま何もしなけりゃLatin1になってますわな…。

ということで、他で動いてるものを考えてもutf-8で問題ないだろうということで、何が何でもutf-8になるようにMySQLまわりの設定を変えてみました。
以下の記述を「my.cnf」に追加してからMySQLを再起動。

[client]
default-character-set=utf8

[mysqld]
default-character-set=utf8
skip-character-set-client-handshake

[mysql]
default-character-set=utf8

[mysqldump]
default-character-set=utf8

ま、何か問題があったらそん時考えますわ(笑)。

#で、こそこそこんなことしてたらモダシンさんのコメントやらかしちゃいました…。ごめんなさい。

追記: そういえば、WordPress 2.5.1が出てるのですが、どうやらユーザ登録とかを可能にしてると2.5以前のWordPressはホニャララできるようですね(28日付のとか)。WordPress本体以外にプラグイン周りでもいろいろとあるようなので、使ってる方は2.5.1にしておいた方がよいかもしれません。詳しくはSecuniaを。
http://secunia.com/search/?search=wordpress


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE