Posts Tagged ‘life’

生まれて初めてのインフルエンザ体験記

Wednesday, January 28th, 2009

私こもり、36歳にして生まれて初めてインフルエンザというものに感染しました。

月曜日の朝あたりから熱っぽいので「風邪かなぁ」と、とりあえず市販の薬とビタミンなんかを投与して暖かくして寝るという初期対策で午後の時間をマルッと潰してみました(正直寝てる場合じゃないけど、長引くぐらいなら最初にやっつける)。

ところがどっこい、熱が下がるどころかドンドンあがってる気がする。
普段あまり熱が出たり身体を悪くすることがないので、我が家の体温計の存在意義は非常に低く、一体どこにあるのかもわからない(笑)。
ただ、相当熱があるのは確か(どんだけ原始的)。

熱あるので一時間ごとに起きるとかしながら一夜を過ごし、「こりゃ風邪じゃないね、インフルさんですね」と判断を下し、火曜の朝一に病院に駆け込むことに。受付で体温を測ってみたら39.5℃、結構ありましたね、アハハ(笑)。

(more…)

からだにおいしい 野菜の便利帳

Monday, September 15th, 2008

inside of book useful book of vegetables
“inside of book” on Flickr
Originally uploaded by [cipher].

たまーに見る王様のブランチの本のコーナーは、先週もまた料理本の特集でした。
そこで紹介されたある一冊の本「からだにおいしい 野菜の便利帳」にピピーンときたので、瞬間的にAmazonさんのカートに入れて購入しました。

先日「築地魚河岸うんちゃら」って映画のモデルになったというお店の系列店に友人に誘われて出かけた時、「今が美味しい」「これから美味しくなる」という一ヶ月の魚の旬を記した手書きのボードがありました。で、「お、これは素敵だなぁ」と思ったのですが、その翌日に目に付いたのが野菜のコレです。

本来は野菜だろうが魚だろうが、それぞれの旬にあわせて摂取した方が美味しいですし身体にも良いとされているでしょう。今時、食材の旬の時季にも関係なくスーパーに行けば年がら年中大体は手に入るということもあり、昔はわかっていたはずの「食材の旬」というのもいつだったか曖昧になりつつあります(私だけ? 笑)。

この「野菜の便利帳」は、野菜はもちろんのこと果物や海藻、お茶やハーブといったものまで網羅されています。それぞれ食材の旬の時季、エネルギー量、産地などの情報から保存方法、簡単な調理方法、最近話題になりがちな残留農薬なんてのが気になる場合の処理方法までがわかりやすく載っています。

トマトみたいにいろんな品種があるものは、そのあたりもちゃんと写真付きで取り上げられています。野菜などは地方によって呼び方が異なる場合もありますが、それもカバーしつつ英語表記までもあるという本気で便利な本です。
コラム的な数ページにわたる読み物も素敵ですね。

からだにおいしい 野菜の便利帳

高橋書店
売り上げランキング: 7
おすすめ度の平均: 5.0
5 一冊あれば、野菜のすべてわかる!?
5 便利帳どころか優れた図鑑、お料理ブックです!
5 知ってるようで知らない野菜のこと
5 旬や保存法
5 すばらしい!これは家宝だ。

いやー、これは買って良かった。
というわけで、食生活を見直したい方をはじめ、野菜は買うけどどう処理して良いかわからないとか保存の仕方がわからなくてダメにしてしまうという一人暮らし一年生みたいな方にもオススメです。売れてるみたいですよ、これ。

#翌日にはAmazonさんの在庫もなくなり、今は入荷待ちですね


恒例の余談、今日はアンチエイジング

テレビの受け売りですが、トマトに含まれるリコピンが「シミ・シワ・たるみを防ぐ」効果があるかもって話でした。あと、摂取カロリーを調整して腹7分目ぐらいにしておくと長寿遺伝子(老化を防ぐとかね)が有効になるかもしれないとかあるようですよ。

ちなみに私の一日の摂取カロリーの目安を計算してみると2200kcalという計算結果になりました。日頃から過剰に摂取しないように、一応感覚的に帳尻を合わせながら口にするようにしていますが(間食はしませんが、アルコールを摂取するので…)、どうなんでしょうかねえ私の長寿遺伝子さん。

適正カロリーの計算式は、「適正体重×基礎代謝基準値×生活強度指数」で求められるそうですが、基礎代謝基準値とか生活強度指数が人によって異なりますのでどこかで調べてください(笑)。基礎代謝量ではないですからご注意を。

マツケンレシピにのせられて(謎)

Monday, September 8th, 2008

先々週あたりはちょこちょこ外出していて家でご飯を食べる機会が減っていたのですが、先週末から再びまともな自炊生活がカムバック(手をかけないご飯やつまみ程度は作ってましたが)。

pot herb salad grilled sea bream spaghetti with salted pollack Day 249 steamed japanese clam in sake, Day 248 beer in chocolate belgian waffle with chimay beer syrup cold tofu with salted welsh onion dipped tuna close up

チョコとベルギーワッフル以外は自炊の証です。

とまぁ、自炊生活を再開したのもあってか、たまたま見ていた土曜日お昼のテレビ番組の1コーナー、「マツケンレシピ」に出てきた「ルクエのスチームケース」を見てしまい、「これはやばそう!」と思わず買ってしまいました…。もちろんマツケンといってもクラウザーさんではなく暴れん坊の方です(笑)。

ルクエ スチームケース 62036
Lekue
売り上げランキング: 173

このスチームケースとやらは、普通なら耐熱容器とかにいれてラップしたりしてチンするような料理に使えるアイテムです。「油を使わずヘルシー蒸し料理」みたいなコピーが付いてました。モノはシリコン製のフニャフニャした容器で、留め具もなく両サイドの蓋を重ねるとペタッとくっつく仕様になってます。何よりチンした後も過度に容器が熱くならないので素手で持って取り出すこともできます。

試しに皮付きのジャガイモとオリーブオイルを突っ込んでチンしてみたらできました、すぐ(笑)。箱の中にはスチームケースで作るレシピなんてものが付いてまして、それを見る限りは使い方次第(蒸す時間と放置時間の組み合わせかな)でいろいろなものが作れそうです。(輸入元のコラムジャパンにもちょろっと)

上の写真にあるアサリの酒蒸しとか鯛の昆布蒸しなんかは鍋でコトコトもしくは耐熱容器でチンとかしましたが、今度からはこのスチームケースが活躍することでしょう(ニヤニヤ)。ちょっとお値段しますが、あると便利に決まってますね。

※土日の間で入荷待ちになってますね…、テレビ効果でしょうか。でも、きっとすぐ入荷されるでしょう。

こもりは山に出かけました

Saturday, May 3rd, 2008

世間様が連休の間は、さまざまな連絡がこなくなります。そりゃ、当然ですね。
そこで「これ幸い」とばかりに、残っている仕事をこなしたり自分に新しい変化をプラスするため「こもり山」に引きこもることにします。

以前と比べてほんの少しだけ自分のために割ける時間ができた今、遊んでるぐらいなら自分の勉強にあてたいと考えている今日この頃なわけであります。若い人の吸収力にはかなわないのはわかっているのですが、できる限りの努力をしていないとあっという間に抜かれたり、ただでさえある差がドンドン広がってしまいますからね…。

一つところにとどまって安心するのではなく、常に変わり続けなければ。

もともとこの連休の間で何か人に対して伝えることができないかと思い、半日ぐらいゆるーいお勉強会(私が教えられることならジャンルを問わず…)などを開こうかなぁ…と考えていたのですが、気付けば世の中は連休に突入してました…。

時間は有限で、変な話いつ居なくなるかわからないので、どんだけあるかわからない残された時間はそういう方面にも有効に使いたいと最近考えてます…。歳ですかね?(笑)。
やっぱり本や書籍、ブログでは伝えきれないことが多々あるのですよね。

人に対して何かを教えるという行為はこちらも勉強にもなりますから、そういう時間の使い方なら大歓迎ですが、既に時遅し…。

では、そろそろ山に行ってきます。


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE