Posts Tagged ‘css’

WebPuttyがちょっといいんじゃないの?

Thursday, July 21st, 2011

例によって爺さん並みの時間に起床していろいろチェックをしていたら、オンラインのCSSエディタ「WebPutty」が話題になっているようでした。ちゃんと自サイトで使ったわけではないですが、一応お知らせ程度に載せておきます。

webputty

なんでも、このWebPuttyはオンラインのCSSエディタでありながら、CSSのファイルのホスティングも兼ねているようです。さらには「Sass」や「Compass」もサポートしているらしく、そっち系を使ってらっしゃる方でも使える、と。ちなみに、公開時のファイルはちゃんとMinify & Gzipされるようです。

(more…)

「Usability Boost」でGoogle+をもう少し読みやすく

Wednesday, July 13th, 2011

Google+にいろいろな機能を追加して便利にするようなブラウザの拡張機能は至るところで紹介されてるはずなので、うちは違う方向性でGoogle+の見た目を調整して少し読みやすくする拡張機能「Usability Boost for Google Plus」を紹介しましょう。

gplus-restyle-000

Google+はまだフィールドテスト中なので正式版で変わるんでしょうが、いまのテスト中の画面はGoogleさんにしては珍しくいまひとつ読みやすさにかけてる気がします。文字回りのメリハリがあまりないからか、要素間のマージンが足りないからか若干窮屈な印象が…(※個人の感想です)。

そういうのを一時的に解消して読みやすくするのがこの拡張機能の役目です。これをインストールするには、Googleさんのブラウザ「Chrome」が必要です。

※このようなサイトに便利機能をくっつけてくれるような拡張機能は確かに便利なのですが、中のデータにアクセスできたりするわけなのでね。便利便利っていろいろ入れてると…、皆さんくれぐれもお気を付けください。

(more…)

Chrome + Stylebot + Twitter Extender + Twitter Filter = ?

Thursday, October 7th, 2010

かねてから噂になっていた(というか、比較的新しめのユーザーから適用されていた風な)Twitterの新しいユーザーインターフェイスがようやく自分のアカウントにも適用されました。うちにあるMacBookの片方はFirefoxで正常に見れているのですが、もう片方でエラーを吐きまくって表示されません…。この新しいUIは好きなんですけども…。

New Twitter UI

そこで、「Chromeで見ようかな」と思ってるのですが、以前からTwitterのUIのフォントサイズが嫌いで、それは新しくなってもやっぱり(日本語で見てるってのもあるのですが、全体的にフォントサイズのバランスが微妙に悪いんじゃないかと…)。

他のブラウザは文字サイズだけの拡大縮小ができるけど、Chromeの場合はページ全体の拡大縮小しかできないんですよね。読みたいサイズに縮小するとレイアウトも小さくなる(笑)。よく「文字が小さいと見えない」とか言われますが、その逆に「大きすぎて読みにくい」って人もいるのです、世の中には。覚えといてください。

で、拡張機能をいくつか追加して、見た目と使い勝手をカスタマイズした記録です。

(more…)

CSS Nite in SENDAI, Vol.5 フォローアップ

Wednesday, September 22nd, 2010

CSS Nite in SENDAI, Vol.5」にご来場くださった皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。私こもりのセッション「Zen-Codingはみんなのもの」、いかがでしたでしょうか。この場を借りて、あらためてお礼を(深々)。

本セッションで使用したスライドについては、別途実行委員会の方から公開先URLを連絡していただくことにして、セッション中で紹介したことのいくつかをこちらでフォローアップさせていただきたいと思います。

(more…)

TextMate+Zen-Codingで超速コーディング?

Saturday, January 30th, 2010

先日の100の質問の答えにもちょっと書いたのですが、世の中には「Zen-Coding」なるものが存在しています。ちょっと前にWebデザイン関係の皆さんのTwitterでも「すげえ」とかってビデオが流れてましたけど、実はこれ相当前からあるんですよ(笑)。

zencoding-001

Zen-CodingとはもともとTextMateとNetBeans用に書かれたプラグインのことです。HTMLとCSSのコーディング作業をより高速におこなうための機能追加をしてくれるものですね。前述の2つ以外に、AptanaやCoda、Espressoといったエディタ、最近ではDreamweaverのMXPファイルもダウンロードできるようになってます(*1)。

というわけで、今回はボクが普段使っている「TextMate」とZen-Codingの組み合わせでコーディングがどう変わるのかをご紹介しようかと。タイトルに超速とか書いてますけど、まぁどうでしょうかね。

(more…)

Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE