Posts Tagged ‘config’

Firefox 3とカラーマネジメント

Wednesday, June 18th, 2008

6月18日の夜中からFirefoxの最新版であるバージョン3のダウンロードが開始されました。今回は公開日一日でのダウンロード数のギネス記録に挑戦するとかってことが行われています。

と、そんな話はここでお終いにして…。
バージョン3になってやっとMac版のFirefoxは、カラー調整したモニタで見てもsRGBの色空間で表示されるようになったような気がするのですが、気のせいでしょうか?

で、今回それだけではなくチロチロッとコンフィグをいじってあげると、写真の中に特殊なカラープロファイルが埋め込まれていればそれを有効にして表示してくれるようですので、仕事にもなんとなく関わることですし早速実験してみました。

まずは、カラーマネジメントが無効であるデフォルトの状態でAdobe RGBのカラープロファイルが埋め込まれた写真を表示してみます。

colormanagement-off

これはJPGファイルの中に埋め込まれたプロファイルを無視した状態ですね。WindowsのSafari以外で見ると(このページ)、なんとなくこんな色味に近い状態で出てるのではないかと思います。

で、早速カラーマネジメントの機能を有効にしてみましょう。
アドレスバーに「about:config」って入力してコンフィグの画面を呼び出し、上にある空欄に「color」とか打ってカラーマネジメントの機能を有効にするための「gfx.color_management.enabled」の項目を探します。
※後述してますが、この状態ではカラーマネジメントが有効かつモニタのプロファイルが有効な状態になります。

colormanagement-config

その項目をダブルクリックすると「false」が「true」に変わってカラーマネジメントの機能が有効になります。一度リスタートしないと反映されません。

colormanagement-on

そうすると写真の中に埋め込まれたカラープロファイルで写真が表示されます。
この画面にある写真の場合は、ダウンロードして加工する人のためにわざとAdobe RGBのプロファイルを埋め込んでいるので、色の再現領域がsRGBより広いためこんな感じで派手めな感じで表示されます。ま、なんとなくこんな感じで(Photoshopとかでファイルのカラープロファイルを有効にして開いた状態ですね)。

Safariはもともとカラープロファイルを認識するので、同じように表示されるかチェックしてみました。その結果が下の画面になります。

safari

いかがでしょうか。ほぼ一緒というか同じですね。

といっても、単純にこれを有効にするだけではサイト全体の色味にも影響するようですのでご注意下さい、というか対処方法はこの辺りに書いてあるようです。

具体的には、同時に「gfx.color_management.display_profile」をダブルクリックして、iccカラープロファイルの場所(例えばOS XでsRGBにしておきたければ、/Library/ColorSync/Profiles/sRGB.iccとかね)を指定するようです。sRGBにしておくか、モニタのプロファイルにしておくか(何も指定しない状態)でもまたサイト全体の色味が変わってきますからね。あー、こりゃこりゃって感じです…。色の話は面倒ですね。ややこしやー、ややこしや。

A string containing the full path to an ICM profile for output. Default is an empty string in which case the systems global profile is used. If no global profile can be found a default sRGB profile is used.

ってな感じで、空にするとシステムで設定してるiccカラープロファイルが用いられるけど、それがなければsRGBのプロファイルになるよって感じでしょうか。

結局この記事を書きながらアレコレ試してみて、どうしておくのが一番かって何もしないのが一番かもね、って結論に達しつつカラープロファイルだけ有効にしてます(かつモニタのプロファイルが有効な状態)。このカラーマネジメントの機能を有効にした方が良いかどうかは判断に迷うとこですが、そんなのが隠されているよっていう話でした。

「about:config」いじるのがあれなら「Color Management」ってアドオンもあるようです。


#余談ですが、スムーズスクロールが気持ちいいです。

#あ、あとサイト毎に文字サイズの変更が保存されてるようです。「Content Preferences」がいらなくなりました。文字の拡大縮小はデフォルトでズームの挙動なので、画像サイズをそのままにしたければ「テキストのみ(日本語でどう書いてあるか知りませんが)」を有効にしましょう。

追記(2008.06.20): OS XのFirefoxでここにsRGBを明示すると、AdobeRGBの含まれた写真もsRGBになってるなぁ…。とりあえず何も指定しないでおこうっと。

※ココよりもこちらに紹介しているページの方がはるかに参考になります。

せっかくだから配信データも見直す

Tuesday, April 29th, 2008

Safariの開発メニューの素晴らしさについて一筆…と思ったついでに、ブラウザに送りつける配信データについても見直してみました。これまではデータをそのまま送りつけていたのですが、サーバ側で圧縮してクライアントに送るようにしようかなって話です。

よって、またしても異常に長い文章になっています…。Safariの開発メニューの使い方含め、その辺に興味のある方だけ先にお進み下さい(笑)。

(more…)

フルバックアップがあった(と思ったら)

Monday, April 28th, 2008

突然自分とこだけすっ飛んじゃったこのサーバ、ひょっとしてひょっとすることもあるので(最近WordPressのプラグインが原因であれこれあるみたいだし、まさか…って)、サーバの中をあれこれチェックしていたら…。

「何やら最近の日付のバックアップファイルを発見!」

と思ってとりあえず解凍を試みるも、こないだあまりにも長いので途中でぶった切ってたもんだからちゃんとしたファイルになってなくて解凍できず(笑)。

良い機会なので、こないだバタバタとサーバをアップデートしてそのまま放置していたMySQL関係の件をちゃんと見直すことに。やはり4.xから4.1を素通りして5.0になってしまったのを、いくら自分のサーバだからとそのままじゃイカンだろうと思い直しました。

とりあえずこのあたりのアップグレードに関しての問題は、日本語が含まれるデータがあることによるサーバとクライアント間の文字コードの変換処理です。まぁ、パッケージで楽して入れてるからそのまんま何もしなけりゃLatin1になってますわな…。

ということで、他で動いてるものを考えてもutf-8で問題ないだろうということで、何が何でもutf-8になるようにMySQLまわりの設定を変えてみました。
以下の記述を「my.cnf」に追加してからMySQLを再起動。

[client]
default-character-set=utf8

[mysqld]
default-character-set=utf8
skip-character-set-client-handshake

[mysql]
default-character-set=utf8

[mysqldump]
default-character-set=utf8

ま、何か問題があったらそん時考えますわ(笑)。

#で、こそこそこんなことしてたらモダシンさんのコメントやらかしちゃいました…。ごめんなさい。

追記: そういえば、WordPress 2.5.1が出てるのですが、どうやらユーザ登録とかを可能にしてると2.5以前のWordPressはホニャララできるようですね(28日付のとか)。WordPress本体以外にプラグイン周りでもいろいろとあるようなので、使ってる方は2.5.1にしておいた方がよいかもしれません。詳しくはSecuniaを。
http://secunia.com/search/?search=wordpress


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE