Posts Tagged ‘banner’

RWDD2009 デザインアワードで腕試し

Friday, October 2nd, 2009

あの楽天市場で有名な楽天さんが「楽天Webディレクション&デザイン2009 | 教科書では教えてくれない成功するWebサイト作り」というカンファレンスイベントを開催されるそうで、それに先駆けて現在「RWDD2009 デザインアワード」がおこなわれています(10月16日締め切り10月25日締め切りかな?延期になったようです)。

デザインアワードのお題目は「バナー部門」と「Webページ改善部門」の二つにわかれてまして、それぞれの実施要項に則って制作物を仕上げて応募するということになっています。バナー作品に関してはノミネート審査をクリアすれば、「実際に楽天市場のサービス上に掲載し、同じインプレッション数で顧客獲得数で決める」という審査方法が待ってます。

いや、なんでこんなことを書いているかというと、フリーランスなどで活動されている方は楽天市場内の個々のショップのデザインをすることはよくある話かも知れませんが、大本営のバナーを作ったりする機会なんてそうそうないんじゃないかと。

皆さんご存知あの楽天市場の賑やかなサイトでいかにしてお客さんの目や心を引っかけて、実際の成果として繋げるか(いや飛び先の話はあるにしても)ってのはちょっとやりがいがあるのではないかと思うわけです。

Webデザインの仕事は自分の作りたいものだけを作れば成立するわけではなく、そこにある制約や制限のなかで(今回はラージバナーで30k以内、アニメーション不可)、実際にサイトを利用する人たちのことを考えながら、クライアントののぞむクオリティで一定の成果や求められる結果をあげなければなりません。それが、たとえバナー1つだとしても結構難しいんです。クリックされなきゃ意味がありません

単純に「綺麗なだけ」「カッコイイだけ」では成果に結びつかないこともあります(デザイン関係者がいけてそうと思ったものはクリック数が低かったとかね 笑)。実際にWebサイトを利用する人たちの気持ちや行動、普段接しているものなんかをよく観察することの方が大事だったりします。人間は都合のいい生き物なので、自分に関係なさそうなのは見なかったことにできますしね(笑)。

そんなわけで、楽天さんの開催されているこのアワードのバナー部門はそういった審査方法であることからも、自分の腕試しができるんじゃないかと思います。締め切りまでまだあと2週間ありますから十分間に合うでしょう。

気持ち的には改善部門にエントリーしたいところですが、どうにもこうにもやっている時間がないので、とりあえずバナー部門だけでも応募してみようと思ってます。ダメならまだまだ勉強不足ってことですね(いろんな意味で 笑)。

さぁ、皆さんもどうです?

RWDD2009 デザインアワード
楽天Webディレクション&デザイン2009

(追記)カンファレンスのタイムテーブルが公開されたようです。なんでもHTML 5のLocal Storageを使ってあるようで、右枠にドラッグ&ドロップで作った自分用のタイムテーブルは対応ブラウザであれば保存できるみたいですね。


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE