リアルタイムアクセス解析サービス集めました

Webサイトのアクセス解析といえば、Google Analyticsが導入されているところも多いかと思います。それ以外にもアクセス解析のサービスにはいろいろ種類があって、調べたい内容によって使い分けたりといったこともされているでしょう。

とはいえ、時代は「ソーシャルメディアを使ってうんたら」みたいな流れでもあります。後日解析レポートを見て施策をすることも大事ですが、こんな時代だからこそ自サイトをリアルタイムに観察し、それに応じて動線(導線)を追加したり効果的にコンテンツを投下することも大事なんじゃないかな?と思います。

realtime-analytics

で、これまでも何度か取り上げていますがあらためてまとめてみました、リアルタイムのアクセス解析のサービス。こういうサービス調べるのが仕事兼趣味なので、今回は世界中のサイトで比較的よく見かけるものをチョイスしています。

すべて使って試してるわけではないですが、何かのご参考になれば。

Woopra

realtime-analytics-001

リアルタイムのアクセス解析の中でも老舗の部類に入るだろうWoopraは、世界中のWebサイトでも多く使われています。残念ながらボクは使ったことないですが、ECナビさんで一ヶ月使われた感想がレポートとしてまとまってます。

CLICKY

realtime-analytics-002

CLICKYもまた世界中のWebサイトによく仕込まれているアクセス解析のサービスです。オンラインデモもあるので、それ触ってみるといいですね。ココにある他社のサービスとの比較表をみるといろいろ拾えることがわかります。

Chartbeat

realtime-analytics-003

このブログでも何度も何度も取り上げてますが、リアルタイムにサイトへのアクセス数だけでなく、ページのどこまで読み進めたかとかページのロード時間なども見れるサービスです。キーワード指定してTwitterのつぶやきをトラックもできます。あと、一定のアクセス数を超えたりサーバの反応がなかったら、iPhoneアプリにアラートを出せますので便利です。最近では大手のサイトにもこのChartbeatが仕込んでるところが増えてますね。もうしばらくするとEコマース向けのサービスも始まるみたいです。

realtime-analytics-004

Reinvigorate

realtime-analytics-005

MediaTempleのグループ会社が運営している知らぬ間にWebTrends系になっていたReinvigorateは、リアルタイムアクセス解析に加えて、ページ内の要素のどこをクリックしてるかといったヒートマップもくっついてるのがひとつの売りでしょうか。何回目の訪問とかそんなのも表示されますし、必要であればユーザーごとにタグをつけてトラックできるのでサイト内での動向を追えます。

realtime-analytics-006

mixpanel

realtime-analytics-007

mixpanelもまたよく見かけるリアルタイムアクセス解析のサービスです。有名どころではQuoraとかPosterousなんかでも使ってますね。一通りの機能はもちろんですが、他と違うのはEメールの開封率とかも解析できることですかね。

Mint

realtime-analytics-008

Mintは、サーバにインストールするタイプのアクセス解析ソフトウェアです。これもうちのブログで使ってるので過去に紹介したかもしれません。ドメインごとにお安くライセンスされる形です。プラグインを使って、必要に応じて解析内容を拡充することができるのが特徴です。

realtime-analytics-009

StatCounter

realtime-analytics-010

StatCounterも結構よく見かけます。機能は豊富そうですが、デモを試すと他と比べて画面がみにくい…。画面は結構大事です(笑)。

W3Counter

realtime-analytics-011

W3Counterもまたよく仕込まれているアクセス解析のサービスです。たまにネットに流れてくるブラウザの使用率レポートとかは、ここのレポートが多いんじゃないでしょうか。ボクは使ったことないですが、Twitterのメンションとかも拾えるようです。あ、あとWordPressのプラグインもあるみたいです。

Histats

realtime-analytics-012

この記事を書くにあたってサービスを調べていて見つけたHistatsも面白そうです。ちょっとゴチャゴチャしている感はありますが、機能は豊富そうですし、なんとFreeで使えるようです。デモやビデオもサイトにあるので見てみましょう。

Piwik

realtime-analytics-013

Piwikは、Google Analyticsの置き換え的な位置づけのオープンソース・ソフトウェアです。で、GAにはないリアルタイムアクセスがチェックできる、と。アクセス解析サービスはCDNとか使ってるので、ネットワーク障害とかが発生するとアウトだったりするので自前でインストールするのもいいですね。

CrazyEgg

realtime-analytics-014

最後はおまけです。リアルタイムアクセス解析ではありませんが、サイト内のどこをクリックしてるかがわかるヒートマップや、リンクされている要素のクリック数などを視覚的に確認できるアクセス解析のサービスがCrazyEggです。ボクもサイト公開後のチェックでたまに使ったりしています(意図したところが押されてるか、みたいなw)。これも結構使ってるトコありますね。

複数使い分けるのもいいですよ

といった感じで、リアルタイムアクセス解析といっても機能はまちまちですし、中には専用のiPhoneアプリなどが公開されていて便利に使えるものもあります。アクセス解析といってもGoogle Analyticsとか一個だけで完結せず、こういったリアルタイムアクセス解析もいくつか入れておくと分析も楽しくなります(笑)。

無償だと機能制限がかかったり一定のアクセス数までといったことがありますが、有償といっても膨大なアクセスがなければそんなビックリするような額にはならないので、一度リアルタイムアクセス解析試してみるといいと思います。きっと、通常のアクセス解析では得られなかった情報が得られるでしょう。

Tags: , , , , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE