MacBook Proに入れたアプリ22個+おまけ

先日の記事が思わぬ爆発をして驚いてるこもりです、こんにちは。実は、こないだ2年ぶりぐらいにマシンを新調したんですよね(といっても、MacBook Proの13インチの最安仕様 笑)。で、あの記事で紹介した以外にも直接仕事に関係しないけど、MacBook生活のアレコレを便利にするアプリも入れています。

OS X Apps for Mac Beginners

今回もまた懲りずに、Macに乗り換えようかなと思ってる方や乗り換えたばっかりの方、MacBookなんちゃらを使ってカフェやコワーキングスペースなどをノマド気味にウロウロしてる方のために、ボクがMBPにインストールしたアプリを22個紹介したいと思います。

MacBookをお使いの方もそうでない方も。今回はジャンル分けはしてませんが、アレコレと多岐にわたっています。あと、最後の方には日常のブラウジングを少し快適にするだろう Safariの機能拡張もおまけでいくつか。

では、ちょっと短めですがいってみましょうか。

Alfred App

Alfred

MacBookのようなノート単体だったり、マウスを使えるスペースがない場合は、Dockに並んだアイコンをクリックするか、LionのLauchpadを呼び出してアプリを起動することになります。いちいちマウス操作も面倒なので、できればキーボードショートカットで呼び出せるランチャーがあると便利です。

定番といえば「Quicksilver」だったりしましたが、最近はランチャーもいろいろ豊富にそろってます。今回はアプリの起動ぐらいができればいいかな、と「Alfred App」にしてみました(でも、一応有償のPower Pack込)。他にも「Launcher」とか良さそうですね、そのまま辞書ひけるし。

Sparrow

Sparrow

元はといえば、Gmailのメーラーとして登場したはずの「Sparrow」は、だいぶ進化をしたようですね。無償のLiteはGmailのアカウントひとつしか使えませんが、有償版であればマルチアカウントはもちろん、その他のメールサーバ(IMAP)にも対応してます。様子見でいまはLite使ってます。

CloudApp

CloudApp

クラウドを使ってちょっとしたファイル共有やメモをやりとりするのに、DropboxやEvernoteを使ってる方も多いでしょう。ボクはDropboxは使ってますが、ちょっとしたファイルの送付やURLのメモには「CloudApp」を。スクリーンショットやブラウザで表示しているURLはショートカットで送れます。Dropboxで似たようなことやるなら、「DropIn」ですかね。Twitterクライアントの「Tweetbot」がCloudAppに対応しています。

Flash Block

Flash Block

出先でMacBook使ってるとバッテリーの残りが気になります。いや、それでなくても非力なマシンでFlashコンテンツを再生し始めるとブンブンうるさくなったり熱持ったりします。これまではブラウザごとにFlashコンテンツを無効化するプラグインを入れていたのですが、起動していることに変わりはなし(笑)。

ブラウザごとに異なるプラグインで抑止するのは面倒だしいろいろ問題もあるので、今回はブラウザを選ばず元から絶つ、みたいな「Flash Block」という常駐アプリを入れることにしました。Chromeだけは元々組み込み済みなので、ひょっとしたら「chrome:plugins」で止めないといけないかも。

App Tamer

App Tamer

だから、バッテリーの残りが大事なんですよ(笑)。この「App Tamer」は、指定したアプリがバックグラウンドにある時は止めちゃうものです。止めるって言っても、一時停止状態にして無駄なCPUを使わせないという仕組みですから、前に出せばすぐ使えます。MacBookを外で使う人にはオススメです。

Chromeみたいなブラウザは勝手に登録されると思いますが、バックグラウンドで実行しながら定期的にネットに接続するようなアプリは指定しない方がいいですかね。アプリケーションごとに止める止めないは指定できます。

Isolator

Isolator

ノマドとかいう仕事スタイルが流行っているらしいですね(笑)。「そんなの何年も前から俺やってたわー」って誰かさん風に言ってもいいのですが、出先で仕事するのはいいんだけどたまに覗き込まれたり、背後から視線を感じることもあります。「Isolator」は、一番前の画面以外を塗りつぶして見えなくすることができるもの。出先で作業する人は入れておいて損はないです。

Growl

Growl

Growl」は、通知をしてくれるアプリというかシステム環境設定に放り込まれるもので定番ですね。いろいろなアプリケーションと連動するので、何かイベントが発生するごと(たとえば、ダウンロードが終わったよー、メールが届いたよー、とか)に通知が欲しい場合は入れておくと良いですね。有効にするしないは、アプリごとに設定できますのでうざかったらオフにすればいいです。

Wallet for Mac

Wallet

シリアルやパスワード、暗証番号の類の管理には「1 Password」を使ってる方が多いかもしれませんが、ボクは「Wallet for Mac」をずっと使っています。機能的には似たようなもんです。MobileMeとかDropboxと同期できるし、iPhoneアプリからも確認できます。

iPhone Explorer

iPhone Explorer

iPhone Explorer」は、iPhoneやiPodなんかをUSBで直結してドライブとしてマウントさせることができます。つまるところ、写真のデータとかをフォルダごとごっそり転送するのが簡単です。iPhotoとか使って管理してない(OSが古いとそもそも拾えないのがあったりするし)、ただバックアップしたいだけって人には便利ですよ。MacもWinも対応してます。

壊れたり水没する前に定期的に拾い上げる癖をつけましょう(笑)。

namebench

namebench

「ネットの接続を速くする」みたいな記事で、よく GoogleのPublic DNSにすれば速くなるとか書いてる人がいますけど、アレはそもそも海の向こうを対象に数年前に始まったものです。日本国内からそれを指定しても、必ずしも速くなるとは限りません。確かに速いは速いけど、それは気のせいかもね…(笑)。

自分の接続環境から本当に速いDNSを探すのであれば、この「namebench」を入れてチェックしてみましょう。GoogleのDNSよりも国内の別のサーバの反応の方が良かったりしますから。テストが終わったら、オススメされた3つのDNSを環境設定の「ネットワーク」で登録しましょう。

それでもGoogleのPublic DNSが速いのならそれにすればいいでしょう。

Galleried

Galleried

さて、話はガラッと変わりますが、ボクの本業はWebサイトのあれこれをやる仕事なので、海外のデザイン系のサイトを見る機会も多いです。「Galleried」は、海外のクリエイターSNSの「Dribbble」だったり、ギャラリー系の「creattica」「css mania」「folio focus」などを一気にまとめて見れるものです。DribbbleなんかはiPhoneやiPadのアプリもありますが、ちまちまサイトに行ってなんか見てられないですからね。オススメです。

InstaDesk

InstaDesk

どうも、今となっては日本で何番目なのかわかりませんが、実はフォロワー数35,000弱のInstagramer、こもり(@cipher)です。フォローしていただいてる皆さんありがとうございます。で、そのInstagramをMacから見る時に便利なのがこちらの「InstaDesk」。他にも「Carousel」とかありますね。入れておくとブラウザ起動しなくてもいいです。

MPlayerX

MPlayer

こないだの記事にも書きましたが、ムービー系のファイルってのはコーデックっていうのがありまして、拡張子が名のしれたものでもその中の映像と音声のコーデックによっては再生できなかったりします。Windowsだと問題ないのかもしれませんがね…。で、そんな特殊なコーデックでも再生できるプレーヤーが「MPlayerX」です。次に紹介する「VNC(Video LAN)」も同じようなもの。

VideoLAN

VLC

前述のように「VideoLAN」も映像の再生アプリケーションです。似たようなのをなぜ並べているかというと理由があります(笑)。「HandBrake」というDVDリッパーでDVDの中身をぶっこ抜いて、iPadやiPhoneで再生できるようにエンコードしようとするとこの VNCが必要になってます。なので、あわせて入れておくと何でもできるんですね〜(謎)。

Adium

Adium

ボク個人は最近ではまったく使うこともなくなったメッセンジャーのサービス、古くはICQ、AOL、MSN、JabberにGTalk…。おぅ、挙げればアカウントだけはちゃんと持ってます(笑)。で、その辺のメッセンジャー系のサービスを一元管理できるクライアントが「Adium」で、もう説明の必要もないぐらい有名ですね。アイコンもメンバーリストもチャットウィンドウ、エモーティコンなども自分の好みでカスタマイズ可能です。

Skype

Skype

ごめんなさい、入れてるものの「Skype」も使っていません(笑)。世間様では他のメッセンジャーサービスよりもこっちの方が人気なんですかね。とりあえずバージョンアップのたびウィンドウがでかくなってるのは気のせいでしょうか…。あ、ボクへの連絡はTwitterのDMとかFacebookのメッセンジャーが確実です。

SkypeStyles

SkypeStyles

使ってないSkypeなんですが、見た目を変更する「SkypeStyles」ってのもあります。ファイルをダウンロード後、解凍してダブルクリックでインストールされます。あと、本家Skypeでも「Create a Skype for Mac chat style」というコンテスト?が始まってますね。

Kindle for Mac

Kindle for Mac

日本国内の電子書籍市場は混沌としてますが、海外ではKindleやePub、PDF、mobiでのファイルの提供が盛んです。特にボクは洋書で勉強することが多いので「Kindle for Mac」は入れています。iPhone、iPad、Kindleと同期できるから便利なんですよね。あ、mobiのファイルとかも読めます。

Zinio Reader

Zinio Reader

こちらは書籍というよりは雑誌ですね。これまで何度も出してますが、もうZinioでいいじゃないかと。国内の出版社も古いモノからちょこちょこZinioに出てるみたいですけど。海外の雑誌を読むなら、書店で買うよりははるかに安いしきれいだし、すぐ読めてテキストだけ抽出したりもできます(ものによるけど)。

calibre

Calibre

ePubリーダーはなかなか決定版がありません。「calibre」は指定されたCSSなんかもちゃんと反映されていいんですが、いちいち動作が重いのが難点です。ただ、Adobeさんの「Digital Editions」はLionだとシステム要件を満たしてないとかでインストールできないし、仮にインストールできたとしてもリーダーとしては…なので、我慢してcalibreを。あ、作るなら「sigil」が便利ですよ。

Mobile Mouse

Mobile Mouse Server

えー、来週の17日(土)にもイベントで登壇する予定なのですが、ボクはたまに人前でしゃべることがあって、この「Mobile Mouse」を入れています。これ入れておくと、iPhoneをマウス代わりにMacが操作できます。イカのにぎり寿司みたいなマウスがない時とか家の中でも(笑)。

Mouseposé

Mousepose

やはりこれもどちらかというとイベントだったり、Ustreamの放送だったりで使うのですが、マウスのクリックでピカッと光らせたり、ポインタの場所だけを明るく表示してくれるユーティリティです。ショートカットでパッと切り替えながらプレゼンできると、オーって言われるかもしれません。そういう歓声が欲しい方は入れておきましょう(笑)。

Safari Extensions Gallery

Safari Extensions Gallery

さて、ここからはおまけコーナー。ボク個人は仕事の関係もあって、日常的なブラウジングには GoogleさんのChromeを使っているのですが、Safariでブラウジングする時に入れておくと便利な機能拡張(Extensions)を紹介しておきますね。直接機能拡張へのリンクができないので、ギャラリーから探してください。

AdBlock

AdBlock

「AdBlock」は言うまでもありません。Webサイトを見ていてうざったい広告を何もしないで非表示にしてくれるモノです。オプションで個別に登録もできますが、自動的にリストを拾ってそれを反映してくれるので楽です。特にほら、MacBookで出先で回線が細い時とか邪魔でしょ?(笑)。

Facebook Cleaner

Facebook Cleaner

「Facebook Cleaner」は、Facebookの右側に出てる広告とかPokeとかを非表示にしてくれます。右側のカラムがスッキリして気分もよろしゅうございます。

AutoPagerize

AutoPagerize

「AutoPagerize」を知らない方もまだまだ多いかもしれませんね。えっと、ページが連続するもの、たとえばGoogleの検索結果とかで数字とか「次へ」をクリックしてなくても、自動的に次のページを取得して繋げてくれる機能拡張です。Safariだけでなく、いろいろなブラウザで使えます。ありがたや…。

Stop/Reload Button

Stop-Reload button

ページをリロードしたければ Cmd+Rのショートカットでいいわけですが、昔のブラウザみたいにツールバーに出しておきたければこちらの「Stop/Reload Button」を。

JavaScript Blacklist

JavaScript Blacklist

いまの世の中、 JavaScriptがないと動かない(見れない)サイトもあったりしますが、たまにそれが原因でイタズラされちゃったりもしますからね。「JavaScript Blacklist」を入れておけば、特定のドメインのJavaScriptを実行しないようにできます。何かサイトにアクセスすることで問題がおきた時のために。

Google Analitics Opt-out

Google Analytics Opt-out

最後はSafariのギャラリーからはインストールできない「Google Analitics Opt-out」を。そのままです、サイトにアクセスした情報を取得・解析するGoogle Analyticsにデータを送信しないようにするものですね(別にアクセスした情報ぐらいはいいんですけどw)。他のブラウザだと、広告系も排除するプラグインが配布されているのですが、残念ながらSafariはこれだけしか提供されていません。

というわけで、次回は…

おまけを入れたら長くなっちゃいました(笑)。ま、そんなわけで、今回は日常生活をちょっと便利にするかもしれないアプリケーションを紹介してみました。いかがでしたかね? ちなみにソーシャル系のサービスのクライアントは何一つ入れていません。画面の上とか下でチコチコお知らせされたりしても気になるだけなので、何か見たくなったらブラウザで繋いでます。

次回は、またWebデザイナーさん向けに、Google Chromeの拡張機能でも紹介してみましょうか。

Tags: , , , , , , , , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE