WebPuttyがちょっといいんじゃないの?

例によって爺さん並みの時間に起床していろいろチェックをしていたら、オンラインのCSSエディタ「WebPutty」が話題になっているようでした。ちゃんと自サイトで使ったわけではないですが、一応お知らせ程度に載せておきます。

webputty

なんでも、このWebPuttyはオンラインのCSSエディタでありながら、CSSのファイルのホスティングも兼ねているようです。さらには「Sass」や「Compass」もサポートしているらしく、そっち系を使ってらっしゃる方でも使える、と。ちなみに、公開時のファイルはちゃんとMinify & Gzipされるようです。

何はともあれ、Googleアカウントでログインだ

登録に特別なことは必要なく、Googleアカウントでログインできます。

webputty-001

ログインするとこんな画面。左が保存されたCSS、右に新規サイトの登録のボタンが並んでいます。右上の「HELP」を押せばいろいろ教えてくれます。

webputty-002

こんな感じですね。で、開いてみると…。

webputty-003

左ペインにプレビュー画面(公開されてる画面)、右ペインにCSSのソースコードが表示されます。表示はCSSのソースコードの上のボタンで変えれるのかな。

CSSのサンプルソースの上にSassの書き方でもOKよ、とかCompassの@importとかが入ってますね。参考にしてください。

webputty-004

で、編集が終わったらPublishをポチッと。そんな流れ。

link要素とscript要素をHTMLにペタッと

新規サイト登録時には特に何も言われないのですが(サイト登録とユーザー管理ぐらい)、編集したCSSはWebPuttyの用意しているホスティングからMinify & Gzipされて配信されます。HTML側には、指定されたコードを貼り付けておけば良いみたいですね。

webputty-005

読み込みのコードを確認するには左ペインの上のボタンをクリック。

webputty-006

こいつをHTMLに貼っておくわけですね。

どうでしょう。割と動作も軽快ですし、Sassのセットアップもいりません。日本語サイトのプレビューまでは試していませんが、WebPuttyいかがでしょうか?

Tags: , , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE