NetShareを使ってみたよ(追記あり)

iPhoneをモデム化できる「NetShare」なるアプリケーションが出たわけですが、モノがモノだけに突然販売中止になったりと一騒動起こってました。でも、なんだかまた買えるようになったので試してみましたよ。実際、コレを使って通信した場合に定額制の問題とかいろいろあると思うので何とも言えませんが、とりあえずアプリケーションの説明が英語だけなので簡単なやり方だけ書いておきますか。

※コレを使って通信したことによるトラブルがあっても、こちらでは責任を負いかねますのでくれぐれも自己責任でお願いします。
※ちなみに今回設定したのは10.4.1110.5.4です。

  1. Mac側のシステム環境設定のネットワークでNetShare用のAirMacネットワークを追加します。既存のネットワークでやると切り替えた時にまたIP換えたりとか面倒かもしれませんので、それ用の新しいネットワーク環境を一個作ってからやると切り替えが簡単になるのでよいでしょう。
  2. ネットワーク名のプルダウンに「ネットワークを作成」ってのがあるので、それを選んでアドホックネットワークを構築します。って書くと大げさですが、そこに単純に名前(自分が識別できるネットワーク名)と必要ならパスワードを入れるだけです。
  3. 「詳細」ボタンを押して「TCP/IP」タブで固定のIPアドレスを与えます。例えば、192.168.10.2とかですね。サブネットマスクは空でもいいです。入れたかったら「255.255.255.0」とか入れましょう。
  4. 「プロキシ」タブでSOCKSを有効にします。iPhone側にプロキシをたてることになるので、SOCKSのチェックを有効にして「iPhoneに設定するIP(例えば192.168.10.1とかね)」、ポートに「1080」を入れます。
  5. で、それだけできたら「適用」ボタンで終了です。
  6. 今度はiPhone側を設定します。
  7. まずは、Wi-Fiを有効にして先ほどMac側で作ったネットワークに接続します。そのままだとDHCPとかになってるので、IPアドレスを固定します。青の矢印を押して詳細設定に切り替え、「STATIC(日本の言語設定だと固定?)」にしてから「192.168.10.1」とか自分の好きなのを入れましょう(Mac 側のSOCKSプロキシに入れたIPと同じにね)。
  8. そこまでできたら終わりです。あとは「NetShare」のアプリケーションを起動してる間は、Mac側からiPhoneを経由してネットに飛び出すことができます。
  9. 追記: コメントで追記しましたが、そのままで繋がらない場合は一回3Gのネットワークを有効にするためにiPhoneのSafariを起動してみると無線が3Gに変わるので繋がると思います。

※SOCKSプロキシ経由になるので、アプリケーションによってはプロキシの設定をしないと外に出れませんからね。Safariとかはシステム環境設定のネットワークの設定がそのまま活きるので何もしなくて良いです。

ま、こんな感じで設定するわけです。
意味がわかんない人は触らない方が良いですね(笑)。

接続イメージを言葉で表すと、iPhoneからMac側(別にWindowsでもいいけど)で新しく作ったワイヤレスネットワークに接続するんだけど、実際に飛び出していくのはiPhone側のSOCKSサーバを経由して3Gネットワークへってことですね。まぁ、そんな感じなのでそんな速いわけでもないですし、外に出てる間の緊急事態ぐらいにしか用途がないんじゃないかと…。

ソフトバンクモバイルさんの公式なアナウンスとか出るんでしょうかね。
買って試してみたはいいけど、とりあえず様子見します(笑)。

Tags: , , , , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE