iPadのDropboxからファイル添付してみた

実はわたくし、これまでEvernoteとかDropboxといった類のサービスを使っておりませんでした(というのも、最近あまり長時間外出することもなく、ファイルのやりとりは自前の環境でどうにでもなるので…)。でもまぁ、せっかくiPadも届いたことですし、少しは使ってみようかと重い腰をよっこらしょっと。

dropbox-airsharing-001

もう一つ最近日本語版ができたSugarSyncと両方試してみたわけですが、やはり一日の長はDropboxにあるようです…。誠に残念です(何が 笑)。

それは良しとして本題に入りましょう。
既にDropboxをお使いでiPad用にも入れてらっしゃる方はご存知かもしれませんが、iPadのDropboxアプリからはファイルのリンクをメールすることはできても、メールに添付することができません(そもそもシェアするって考え方ですしね)。

でもまぁ、メールの相手によっては添付の方が都合が良いこともあるわけで(リテラシーやら環境の問題などいろいろ)、そんな時のためにDropbox内のファイルを添付する方法を(※画像はiPadのフォトライブラリに保存できます)。

もうひとつアプリケーションを入れてみましょう

iPadのWiFiモデルとかだと、無線がない場合はDropboxなんて残念ながら屁の役にも立ちません(笑)。そんなこともあるのでDropboxみたいなのは使っておらず、iPadには「Air Sharing HD」っていうパソコンやサーバからファイルを転送するアプリケーションを入れてたんですが、これが良い結果を招きました。

Dropboxはファイルタイプによって、別のアプリを起動してファイルを開くことができるので、それを介せばDropboxの中にあるファイルをiPadの中にコピーできます。ここでは前述の「Air Sharing HD」を使ってますが、他のでも大丈夫ではないかと。とりあえず、何があっても大丈夫なように忍ばせておくことをオススメします(笑)。

別のアプリからファイルを開いて添付する

とまぁ、そんな感じでDropboxからファイルを開いたら、ウィンドウ右上にあるボタンをクリックしてみましょう。

dropbox-airsharing-002

そのファイルを開くことのできるアプリケーションがリストされるので、ここではAir Sharingを選んでみます。

dropbox-airsharing-003

自動的にファイルがコピーされてAir Sharing側に保存されます。

dropbox-airsharing-004

Air Sharingは、ファイルを長押しするとチェックを入れてプリントしたりメールに添付したりといったことができますので、ここでは「Email」をタップ。

dropbox-airsharing-005

指定したファイルが添付されて、Air Sharingの中でメールの編集ができますので、送信先とタイトル、本文などを書いて送信っと。

備えあれば嬉しいなってことで(笑)

メールを送信するにはWiFiなり3Gなりが必要ですが、「Dropboxにトラブルが…」「Dropboxへの接続が…」「ネットワークが…」なんてこともゼロではありません。先にも書いたように、相手によっては「添付ファイルじゃなきゃどうにもできない」という場合もあります。そんな時には、このやり方でDropboxのファイルも添付で送信できますので覚えておきましょう。

#ここではAir Sharingを使いましたが、他の転送系や閲覧系のアプリケーションでもできると思いますので試してみてください。ひとつの何かに頼らず、複数のオプションを用意しておくのが大人です(笑)。

Tags: , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE