iPhoneのSafariでQuixを使ってみた

Webサイトを見ている時、ブックマークの登録やもろもろの作業を簡略化してくれるJavaScriptのBookmarklet(ブックマークレット)がいろんなところで配布されています。とはいっても、使用するブラウザ毎に登録するのは面倒だったりするわけで…。

そんなBookmarkletを一元管理し、特定のコマンドを入力して呼び出すようにした「Quix」というのが公開されているのはご存知でしょうか。公開されているBookmarkletはいろいろなブラウザで動作するようになってまして(※すべてのコマンドが動くわけではないけども)、iPhoneのSafariに登録することもできます。

quixapp-001

というわけで、そんなQuixをiPhoneで使ってみた話を…。

iPhoneのSafariにQuixを登録

quixapp-002

iPhoneもOSが3.0になってコピペができるようになりましたが、JavaScriptのリンクだけはSafariから直接登録できません。まずはパソコン側からBookmarkletのコードをコピーして、メールなりPastebotなどのアプリケーションでSafariのブックマークに登録します。

コマンド入力でBookmarkletを一発起動

あとは実行したい時にこのBookmarkletを呼び出します。表示されたダイアログにQuixで用意されているコマンドを入力すれば、それに応じた機能を呼び出すことができます(一覧はこちら → Quix Help)。

コマンドの多くは英語圏の人たちが恩恵を受けそうなものが多いようですが、それでもWebサイトの開発に関わる人たちにも嬉しいものがあったりします(そもそもiPhoneでも使えるってだけで、いろんなブラウザで使えるものですからね)。閲覧中のページをDeliciousやGoogleブックマークに登録したり、bit.lyなどで短縮URL化するといったこともできます。

quixapp-003

例えば、上の図のように「csstoggle」と入力して「OK」をタップすればWebサイトからCSSを除去することができます。残念ながらiPhoneでは「firebug」と入力してもFirebugを呼び出すことはできません(この画面じゃ出ても困る 笑)。

例えばこんなことも

とりあえずBookmarkletを登録しておけば、コマンドによっては移動中の時間つぶしにも一役かってくれるでしょう(※「help」と打てばコマンド一覧)。ま、どこまでワーカホリックなの?って話ですが(笑)。

「xray」と打てば「XRAY」を起動して要素の詳細を表示できたり、「vs」と打てばiPhoneのSafari単体では見ることのできないHTMLソースを表示することもできます(外部サイト経由ですが)。

quixapp-004

quixapp-005

他にも「speed」でpingdomのスピードチェックしたり、「myip」で自分のIPとUserAgent確認したり、「host」や「whois」でホストやドメインの情報を見たりすることもできますね。

コマンドはあらかじめ登録されたもの以外に、自身でそれを拡張することもできるようです(→ Extend Quix)。

といった感じで、Bookmarkletを一元管理してコマンドで呼び出すことのできるQuixの紹介でした。Safari、Chrome、Opera、IEといろんなブラウザで使えます(*1)。

*1: 残念なことに先日紹介したSafariの代替ブラウザになりそうなAlternate Web Browserでは、このBookmarkletを登録しても動作しません動くようになってます。

Tags: , , , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE