Bionic Eye Tokyo とかいろいろ(追記)

世界中ではAR(Augmented Reality: 拡張現実)の技術を使ったiPhoneやAndroidの中で動くサービスというかアプリケーションがポコポコ出ています(ARMLなんてのも出てきたりね)。

今日も今日で朝一から噂の「セカイカメラ」がリリースされているということで、一部ではダウンロードして登録してやんややんやの大騒ぎではなかったかと思います。しかし、残念ながらというか、サーバの方がダウンしたりでやりたくてもできないみたいな状態になってしまったのが悔やまれますね。

ちょっとサーバ環境が落ち着いた感じがした頃に表参道近辺を買い物ついでに歩いてみましたが、ランドマーク的なものは追加されているので画面内にはプカプカとエアタグと呼ばれるマークが浮いてました。安定稼働しはじめたら、iPhoneを通してみた世界にエアタグが溢れかえるとそれはそれで面白い気がします(今はタグ付けたくてもエラーだったりでね…)。中の人は大変だと思うのですが、是非がんばっていただきたいものです(*1)。

※そうそう、セカイカメラはTwitterのアカウント情報を登録しておけば、タグや写真の投稿をTwitterに流すことができます。でも、それやると(というか、初期設定でOKOKで進んでいくとかな?)自分のTwitterのプロフィールの位置情報が更新されるので気をつけましょうね。「iPhone: 〜」から始まる数字の羅列は緯度経度なので、そのままGoogle Mapsとかに持っていけば場所が特定できます。自宅でやってる人は気をつけてね、あははーん
(2009.10.13: Version 1.0.2で上記の件は修正されたそうです)


そんなセカイカメラとはちょっと使い道というか目的が微妙に違うと思うのですが、都市のあらゆる情報(地下鉄の場所やらレストランなどいろんなもの。POIっていうらしい)を表示してくれる「Bionic Eyeムービーはこちら)」というiPhoneアプリのTokyo版もひっそりとリリースされています(via Mashable/TheNextWeb)。見た感じでは、海外で既にリリースされているNearest Tubeみたいなもんですかね。

こちらはあいにくiPhone 3GSのみの対応(セカイカメラはどっちでも可)になっているので、私は3Gのため試すことができないのですが、115円のアプリですので新しいものに触れてみたいというかたは試してみると良いかもしれません(追記: どうやら先に出ていた「東京の地下鉄」というアプリの発売元と一緒ですね。内容がどう変わっているかは謎)(*2)。

Bionic Eye Tokyo

*1: 意図せぬ使い方をされたタグ(ここ誰それんち)みたいなとかどうするのかって問題なんかも出そうですが…。
*2: 日本でも同じようなアプリが既に出ています先に出ていた「東京の地下鉄」は、表示内容の追加にはまたお金がいるとかなんとかだった気がします。


(追記: 2009.09.26)なんだか調べれば調べるほどこの数日にリリースされているようで、前述したNearest Tubeを開発したAcrossairの「Tokyo Nearest Subway」や「Nearest Wiki」なんかも買えるようになっていました。
ま、3GS用ってなってますが(笑)

Tokyo Nearest Subway(iTunes Store)
Nearest Wiki(iTunes Store)

Tags: , , , , , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE