生まれて初めてのインフルエンザ体験記

私こもり、36歳にして生まれて初めてインフルエンザというものに感染しました。

月曜日の朝あたりから熱っぽいので「風邪かなぁ」と、とりあえず市販の薬とビタミンなんかを投与して暖かくして寝るという初期対策で午後の時間をマルッと潰してみました(正直寝てる場合じゃないけど、長引くぐらいなら最初にやっつける)。

ところがどっこい、熱が下がるどころかドンドンあがってる気がする。
普段あまり熱が出たり身体を悪くすることがないので、我が家の体温計の存在意義は非常に低く、一体どこにあるのかもわからない(笑)。
ただ、相当熱があるのは確か(どんだけ原始的)。

熱あるので一時間ごとに起きるとかしながら一夜を過ごし、「こりゃ風邪じゃないね、インフルさんですね」と判断を下し、火曜の朝一に病院に駆け込むことに。受付で体温を測ってみたら39.5℃、結構ありましたね、アハハ(笑)。


鼻の粘膜を採ってみたら見事にA型のインフルエンザでした。
私の症状はほぼ「熱だけ」。痰もからまないは鼻水も出ない、とないないずくしでお医者さんも「何も出ないってのも・・・ないんだけどね」と少々困った感じだったので、思い出したかのように「あ、今朝から咳がほんのちょっとと関節が痛いことも」と付け加えておきました。でも、ホントにないに等しかった。

で、みなさんご存知のタミフルさんと解熱剤を処方してもらいました。
帰ってすぐタミフルと解熱剤を投与してとりあえず寝まして、夕方起きてまたタミフルを投与(まだ微妙に熱もでそうなので解熱剤もあわせて)。夜にはすっかりピンピンしてましたが、大事をとって安静に。

今日水曜日には熱も平熱になり、ほぼ正常な状態に復活しております。もちろん身体は平気でも、完全に治ってるとは思ってないのでちゃんとタミフルは飲んでます。

多くの方は人と接する機会が多いと思いますのでくれぐれもご注意ください。
おかしいな、と思ったらとっとと病院へ行きましょう。この時期は特に。


#最近はほとんど外出することもなかったので、潜伏期間とか考えても土曜に撮影があると思って出かけたライブハウスでもらったとしか考えられない(そういう人多数)。くれぐれもその疑いのある方はマスクをするなり、外出を控えるなりしていただかないとねぇ…。パンデミックとか起こったらどうなるんでしょう。人が多いトコへ行くときは予防接種しとくなりマスクするなり、かかってない方が自分で自分の身を守るしかない、そんな世の中のようです…。

Tags: , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE