OGOの作品のできるまで – 補正・加工編 –

さて、前回の「撮影編」に続けて、今度は「補正・加工」の話に入ります。

今回は、あんな感じで撮ったOGOの写真の中から使えそうなものを一旦ピックアップし、どれか一つのRAWデータを現像処理した後、同じ現像設定を全てに反映させるというお気楽モードなやり方をしました(その後最終的に個別に微調整)。

では、撮影直後と完成型を見比べてみましょう。

ogo-onoff

左が撮影したRAWの状態、右が現像・加工処理したあとの状態です。
適正露出じゃなくてもいいからと、とりあえずシャッタースピードだけ優先したので、こんな感じでコントラストも足りないちょっと暗めの写真ができてます。

さ、ここから完成型までの道のりを解説します。
はっきり言って手順よりも余談が長いです、覚悟してください。

その前に全体の流れを説明しておきましょう

今回撮影に使ったカメラはNikonのD300なので、現像処理に利用したのは同じくNikonから発売されている「Capture NX 2」です。

このCapture NX、お安い(17,800円)割にはかなり高機能。Photoshopなんかでやるよりは、はるかに簡単に現像処理やその後の色補正なんかが細かくできちゃったりします(ゴミ取りだってなぞるだけ)。唯一の欠点は、動作がマシンパワーにかなり依存するとこぐらい(ちなみに我が家は、CoreDuoの白いMacBook)。

AdobeのPhotoshopやPhotoshop Elements(というか、CameraRAWと言った方がいいか)、Lightroomでも現像処理はできるんですけど、NikonのRAWにある独自の設定までは反映できません。というわけで、D300の写真だけはCapture NXで現像、GRDやPentax K-mはDNG形式で保存できるのでLightroomで現像してます。

余談ですが、AdobeさんのCameraRAWはバージョンがあがると最新版のPhotoshopやElementsにしか対応しません(つまり今だとCS4だけ)。その辺を考慮すると素直に対応カメラがアップデートされるLightroomの方が、新しいカメラを取っ替え引っ替えする人にはいいんじゃないかと思ったり思わなかったりラジバンダリ(謎)。

RAW現像するソフトもいろいろ発売されていますが、RAWの内容を読み取ることはできてもメーカー独自の公開されない仕様などがあったりするので、DNGで保存できないのであればメーカー純正のRAW現像ソフトがいいような気もします。Pentaxのカメラに同梱されてるアレは使い勝手の面でどうかと思いますが…(笑)。

と、余談はこれぐらいにしておきましょう。
そんなわけで現像処理をした後、Nik Softwareから出ている「Color Efex Pro for Capture NX 2」で色味などの変更をおこなっています。Color Efex Proは、写真に関するいろいろな加工処理を簡単に適用できるもので、実はPhotoshopやAperture用もあります(ただし、日本語の代理店が売ってる日本語版はやっぱり1万円ぐらい高いので、英語で困らない人は本家から買った方が断然安いですね…。Capture NX版の値段はほとんど変わりません。Nikon良心的 笑)。

最終的に16bitのTIFFで書き出して、一旦Photoshopに持っていってからゴミに見えそうなデータを取り除いたり、sRGBへの変換をおこなって完成となります。

まずは現像処理。色温度を変更する

撮影した写真をCapture NXで開いて現像処理をおこないます。「とりあえず撮る」ということに重きをおいていたので、ホワイトバランスもオートで適当ですから、そのあたりから処理をしていきましょう。

step-000

右側のパネルにあるホワイトバランスは撮影時のままです。全体的にちょっと青みが強いような気がするので、とりあえず「曇天」にして色温度を変更します。

私たちは常日頃、日光をはじめ蛍光灯や電球などいろいろな光に囲まれてます。実はそれらにはそれぞれの色温度が存在しています(もちろんパソコンのモニタにもね)。それが写真に影響するので、カメラにもよりますがオートに任せっきりでは、白いものが青みがかったり赤くなったりします。それを適切に(もしくはわざと別の色温度に)変えてあげれば、記憶色なりの意図した色味に近づきます。

電球だけの薄暗いオシャレなレストランで何も気にしないでそのまま撮ると、白い皿なのに黄色く電球の色が乗ってたりしますよね。電球の場合は3,000℃前後なので、そこにあわせるかほっとくかで最終的な仕上がりが決まることになるのです。

外界の光に関係なく白いものを白く撮りたかったら、色温度とかホワイトバランスってのを気にしましょう。後から補正したくない人は特に。

step-001

ここでは色温度を測ってるわけでもないので、適当に青みをぬく方向に調整しておきます。これは別にPhotoshopとかElementsのCameraRAWやLightroomなんかでもできる作業ですね。

仮にRAWデータじゃなくてJPGで同じ事をしようと思ったら「カラーバランス」とかの機能でやると全体的な色味調整がしやすいんじゃないでしょうか。

ヒストグラムを見ながらレベルを調整

step-002

この状態でヒストグラムを見ると、まだデータが0から255まで満遍なく入ってるわけでもなく全体的にコントラストが弱い状態です。暗く撮ってるのもありますので、ちょっと露出を補正して明るくし、全体にデータが行きわたるようにハイライトとシャドーのレベルを変更します。

ヒストグラムは色味の分布図とかデータ量の分布図といえばいいですかね。

ここでの作業はPhotoshopでいうとこのレベル補正にあたる調整と同じです。Capture NXでももう少し細かくRGBの各色が調整できるのですが、残念ながら私は適当な人間なのでクイックフィックスで適当にハイライトとシャドーのスライダを動かしてやっつけます…。

step-003

大きな変化はないように見えますが、実は違います(笑)。おまけでCapture NXの機能である「ハイライト」でハイライトが飛びすぎないよう、「シャドー」でシャドー部分が暗くなりすぎないよう微調整してますが、これは必要ないですね(Lightroomとかだと、シャドーは補助光効果とかになってるかな)。

「データとして」写真の補正をするときは、ヒストグラムを見ながらってのは当たり前の話ですので確認しながらの方が良いですね。

こんな感じでまぁ、データとしてはおかしくない写真が現像できました。

が、そもそもボトルの透明感とかはまったく出てません。どちらかといえば、背景が白く飛んでるぐらいのハイキーな写真の方が良いわけですから、現像だけで処理するならもっと露出補正で思いっきり明るくするべきでしょう(やりすぎは禁物ですが)。

参考までに現像処理(露出補正)だけで極端に明るくし、トーンカーブ的なものを「ほんのりS字型」にしてコントラストをちょっと強めたものをおいておきます。

add-001
こちらはホワイトバランス「曇天」で明るくしたもの

add-002
こちらがホワイトバランス「オート」で明るくしたもの

これだけで完結するなら別にオートでも良かったわけです(笑)。

写真アートなんだから、ゴリゴリに手を加える

今回のコンテストは「写真アート」なので、なんとなく手を加えてもいいかな?と思い、前述したColor Efexを使っていくつかの効果を適用しました。といっても、実際のところCapture NXの標準の機能だけ(Photoshopでもそう)でもできるような気がします…。私は楽をしただけです(笑)。

水のボトルを使うので、強調したいのは「ボトルの透明感」。それもボトル本来の色が抜けきるかきらないかぐらいまで極端にハイキー気味にしたいと思いました。自分なりのアートということで。

「クロスバランス」で青みを出してみる

現像処理でホワイトバランスを「曇天」にしたものの、やっぱり青みも必要だよねと考え直して、Color Efexに入っている「クロスバランス」を適用することに。このクロスバランスは、いわゆるリバーサルフィルムで撮影する時にわざと「昼光でタングステンフィルムを使う」「電球でデイライトフィルムを使う」というのをシミュレートするフィルタです。

step-004

ここでは「タングステンからデイライト」を使って、全体的に青みがかった写真に変更しました(こんなことせず、色温度変えてもいいわけですが)。

「ハイキー」で明るく明るく

続けて「透明感」の演出というか、くすんで見えたらこの場合あまり良くないので、やり過ぎない程度にハイキーな状態にします。明るい部分が大半を占めるような写真では、ハイキー気味にした方がよりキレイに見える、というわけです。

step-005

今なんかだと季節柄、梅や桜の写真を空バックで撮るでしょう? そんな時、何も考えずカメラ任せで撮影したら「空の色が明るくて、花の方がくすんでしまう」といったことになります。カメラ任せのオートでは、画面全体を適正露出(さっきのヒストグラムで0-255まで満遍なくある状態)にしようとするいい子ちゃんになるわけです。

そういう場合は、「露出補正でプラス方向にシフト」させて撮ると、キレイな透明感のある写真になるんじゃないでしょうか。例えばこんなのとか。

plum

これも曇天の時に撮ったものですが、カメラのマルチ測光とかで適当に撮ると周辺の明るさ(どこ基準にするかですね)の関係で花はくすんでしまうことになるでしょう。後で補正したくなかったら、最初から露出補正をプラスにして明るすぎるぐらいで撮ってちょうどいいかと思います。

つまりココでやってるシャッタースピード命みたいな状況でなければ、フィルタは使わなくても撮影時にハイキー気味に撮ればキレイになるんです。

ちなみに夜などに写真を撮ると、今度はまたカメラがいい子ちゃんモードになって適正露出にしようとします。それが原因で「明るくするためにシャッタースピードが遅くなってぶれちゃった」という結果に繋がります。

暗がりでそのままの様子を写真におさめるんだったら、今度は反対に「露出補正でマイナス方向にシフト」させておけばよいということですね。私が夜間にMじゃなくAモードを使うときは、常に「-2/3(0.7)」とかにしてます。手ぶれがイヤならセルフタイマーを使えば、夜でも普通に撮れますよ。

「ブリーチバイパス」でちょっと変わった効果を適用

最後にもう一手間かけて、ちょっと変わった効果を適用します。
ここで使ったのは「ブリーチバイパス」というフィルタで、これもやはりフィルムを現像する時の手法で「スキップ・ブリーチ」や「ブリーチ・バイパス」の効果をシミュレートします。

step-006

これを初期状態のまま適用すると、「彩度が低くコントラストが高い」状態の仕上がりを作ることができます。私がたまにFlickrにあげたりするのですが、夜の写真でライトもあって人もいてみたいな写真だと、どっかの国の映画のワンシーンにでも出てきそうな感じになります。

bleach bypass

ま、何事も「やり過ぎは禁物」です。今回の写真にそのまま彩度を落としてコントラストをあげたりしたら何が何だかわからなくなってしまいます。

step-007

ここでは、彩度はほんのちょっと下げただけ、全体のコントラストもそれほど上げず、部分のコントラストだけを極端にあげました。こうしないと、ボトルの側面にある消えそうな細かい文字が見えません(全体のコントラストをあげるとなくなる)。

この行程は、Photoshopなんかでは細かい部分の調整がちょっと厳しいかもしれませんが、同じように「彩度を極端に下げて、コントラストを極端に上げる」ってことで、一風変わった印象の写真にすることができるんじゃないでしょうか。

と、ここまでがColor Efexを使って楽して加工した過程です。
もうこれでほとんど終わり。

こんな作業をRAWで処理する利点が実はあるのです。
ここまでの作業(設定)をすべてコピーして他の同じような写真に一気に適用できるのです。これはCapture NXだけじゃなくてLightroomなんかでもできることです。

1枚1枚の写真はすべて異なりますから、すべてを同じ設定というわけにはいきません。しかし、RAWのデータは非破壊データですので、後から微調整することも撮った状態に戻すことも可能です。例えば、JPGのデータを使ってPhotoshopだけでやるとなると、一旦PSDなりTIFFで保存したうえで調整レイヤーなどを使わない限りは元には戻せません(ヒストリーとかもあるけど)。

だから、後から何かするかもって時はRAWなのです(謎)。

さて、そんなこんなで最終的に応募する画像は一旦「16bitのTIFF」として保存しておきます。あとはそれをPhotoshopで開いて、ゴミではないけどゴミに見えるような細かいノイズなどを取っていきます。

Photoshopでゴミ取り作業をする

Capture NXはブラシでなぞるだけでゴミが取れる素敵な機能があるんですが、今回はまとめて広範囲にわたるゴミに見えそうなノイズ(水滴や気泡)をゴソッと取ることにしました。一般的にPhotoshopでのゴミ取りといえば「スタンプツール」と思いがちですが、広範囲にわたるものはチマチマ取ってられません。

そこで登場するのが「ダスト&スクラッチ」。

step-008

こんな広範囲にポツポツあるノイズをまとめて除去します。矩形選択ツールやなげなわ選択ツールなどで選択範囲を作成して、フィルタメニューから「ダスト&スクラッチ」を選択します。

step-009

このダイアログにある「半径」と「しきい値」の加減がキモなのですが、内容にあわせてこの値を設定して「OK」ボタンを押せば簡単にノイズが消えます。あとは、「選択してCmd+F(WindowsだとCtrl+F)」を繰り返せばいいだけです。同じような色調のところであれば値を変更せずに除去できるでしょう。

Photoshopで色味などの調整をおこなう場合、「何が何でもトーンカーブでやる」のはおバカちゃんです(笑)。「レベル補正」や「色相・彩度」、「明るさ・コントラスト」、「カラーバランス」などを適材適所で使いましょう。

また、8bitの画像のJPGやTIFFを使ってやみくもに色補正するとデータとしての画像を壊すことになるので、できれば16bitの画像のようにデータとしての情報量が多いもので処理するのがキレイに仕上げるポイントでしょうか。

ま、Webにアップする程度であればそこまで気にすることはないでしょう。作品づくりをするとか、本職並みの補正や加工する場合はやるに超したことはありません。

さぁ、後は最終的な書き出しです。

送ってもどういう環境で処理されるかわからないのよね

今回は応募作品が一次選考を通ると、A3サイズぐらいに引き延ばしてプリント、そしてWeb上にも掲載されるということでした。

ここまでの撮影から画像処理までは一貫して「AdobeRGB」の色空間で処理しています。これを例えばそのまま送った場合、先方の担当者の色に関する知識がなければ哀しい結果を生むことになります。

画像の「色」のことについて知識のない場合は、多くの場合は初期設定のsRGBになっていることでしょう。Photoshopなりで開かれる際に、画像に埋め込まれたこのAdobeRGBのプロファイルを無視されたりすると大変です。

無視された場合、鮮やかだった色はsRGBの色空間で置き換えられくすんで表示され、プリントされた結果もそうなってくる可能性があります。これが「画像に埋め込まれたプロファイルで開いて、作業空間(sRGBなど)に変換」などの適切な処理がされるのであれば問題はありません。

AdobeRGBのプロファイルが埋め込まれた画像をそのまま開いて、単純にリサイズしてJPGとして書き出した場合、PhotoshopのCS2まではそのプロファイルが有効になります(CS3からは「デバイス用に書き出し」でJPGを選ぶと、オプションに「sRGBに変換」という項目のチェックが入っているので、Photoshop側で自動的に変換してくれます)。

sRGB以外の任意のプロファイルが埋め込まれたまま書き出されて、Webページ中に貼られた場合は、Safariやカラーマネージメントを有効にしたFirefoxではそのプロファイルで表示されますが、WindowsのIEなどではまったく無視されてsRGBの色空間に適当に置き換えられます。その結果、鮮やかな画像はくすんで見えるということになるでしょう。この辺りの話はこことかここでも見てください。

さらにプリントもどこで出力されるかわかりません。そのままのデータを出力センターに持ち込んで処理してもらえれば、おそらく問題なく出てくると思います。しかし、いわゆるデジカメプリント的なものだと、処理系等がsRGBになってることを前提としているはずです(多くのデバイスの標準的な色空間だったりするので)。

となると、そのまま渡せば事務的に処理されて、ここでも的確に色変換されず色が変わってしまうかもしれないのです(デジカメプリントでもAdobeRGBだといえば適切に対応してくれると思われます)。

つまり、こちらが意図したものでなくなる可能性が少なからずあると。

ということで、今回は自分以外の第三者を経由することを考慮して、AdobeRGBの色空間の画像をsRGBの色空間に変換して書き出します。

プロファイルの変換で色空間をsRGBに変える

Photoshopの場合は、編集メニューにある「プロファイルの変換」で色空間を変換することができます。これを使えば、AdobeRGBで処理していた写真の色味をある程度そのままにしてsRGBの色空間にコンバートできるというわけです。

Lightroomの場合は書き出し時のプリセットなどで「sRGB」を指定しておけば、自動的にこの変換処理がおこなわれてsRGBになります。

step-010

「プロファイルの変換」を選びます。「プロファイルの指定」ではないです。

step-011

で、元のプロファイルから変換したいプロファイルに変えると。この場合は、AdobeRGBからsRGBにするというわけですね。

例えば、RGBの画像を印刷用のCMYKに変換する場合などは、「カラー設定」でカラーマネージメントを適切に設定していれば、イメージメニューの「CMYKに変換」を選んだとしてもその設定にあわせて変換されますので、いちいちこれで変換しなくても良いでしょう。特定のプロファイルを指定しなければならない場合などはこれを使います。

こうやって色空間をsRGBに変換してJPGとして書き出すのです。
これならWindowsの環境で適当に処理されてもまぁ平気でしょう(笑)。

ちなみにPhotoshopの編集メニューにある「プロファイルの指定」は、色空間を変換(コンバート)するのではなく、色空間を指定(チェンジ)するだけなので、それを選んだ場合は画像の内容にもよりますが色が大きく変わってしまいます。
ご注意ください。

ちょっとわかりにくいのですが、参考までに比較画像を載せておきますね。

step-012

左が「プロファイルを変換」、右が「プロファイルを指定」したものです。よーく見比べると青系の色の鮮やかさが異なります。これが鮮やかな葉っぱの緑とかだと大きく異なるでしょう。処理の仕方を一個間違えると、意図したものにならないのです。

いま皆さんがモニタの前で見ているこれらのキャプチャした画像も、実のところ私が見ているうちのモニタの色空間を指定し、それを再度sRGBに変換して書き出して貼り込むという手間がかかってます。

最終的に自分だけで完結できる状態であれば意図したものにできますが、後の行程を第三者に依存する場合はこの辺りのことも考慮しなければなりません。

DTPのデザイナーにしろWebデザイナーにしろ、写真素材がカメラマンから提供される場合などは、AdobeRGBやProPhotoRGBになってるかもしれません。開く時にプロファイルを無視したりしたら、正確な(意図された)色味ではなくなるということですね。知らないことがクレームの元なんです(謎笑)。

タイミングあわせて撮るのは苦労したけど、補正は20分

というわけで、長々と補正・加工編を書いてみました。
今回はNikonのD300を使っていたので、Capture NX(+Color Efex)を使って現像・加工の処理をおこなったわけですが、別に同じようなことはPhotoshopでもElementsでもLightroomでもできると思います。どういう事をしているか、ってのは書いたつもりなので、何かの参考になれば幸いです。

セルフタイマー使って一人でこれぞの一枚を撮るのには正直苦労しましたが、補正はこんなもんなのでゴミ取りまで入れても正味20分程度でしょうか。そんなもんす。

Capture NX 2(Amazon.co.jp)


ま、こんなにいろいろ気を配ったにも関わらず、最終的に会場に展示されていたものは天地逆だったわけですけどね(笑)。

Tags: , , , , , , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE