HTML5を使ってるWebサイトのまとめのまとめ、と…

先日は仕事ついでにモバイルWeb制作に役立ちそうなサイトの情報をリストしてみましたが、いかがでしたでしょうか?日本語がないと興味をひかないのは百も承知で出してます(笑)。で、今日はこの半年ぐらいで出てたHTML5でできたサイトをまとめたサイトのまとめを作ってみました。

html5resource-001

まとめるだけだとたいして数もないので、その他のことも織り交ぜつつ…。

HTML5でできたサイトまとめのまとめ

有名なギャラリー系のサイトは省いてますので数的にはたいしたことないのですが、いわゆる普通のコーポレート系、ポートフォリオ系のWebデザインだけでなくWebアプリ系のまとめもあります。

こういうまとめなら別に英語で見ても平気ですよね?(笑)。

HTML5でできたターンテーブルアプリ

一部で盛り上がって盛り下がってきている感のある「turntable.fm」ではなく、HTML5+CSS3+JavaScript(一部バックエンドにFlash)でできたWebベースのサイト「The Wheels Of Steel: Turntables in your browser (a web-based DJ prototype)」ってのがありましてね。それが冒頭の写真です。

FICCの福岡さんがHTML5ならVJだってできるでしょ?って感じで「Fi-VJ」を作って公開されてますが、それのDJ版みたいなもんです。

ちなみにこれ、その中身がどうなっているかという解説記事「The Wheels Of Steel: An Ode To Turntables (in HTML)」があります。サイト内の画像の作り方からマークアップ、JSのコードなんかまで載ってます。

こういうのってコードだけだったり画像だけだったりするので、日本語になってなくてもいいかな?と。変にはしょられて訳されるよりは、元の本文をみた方がいいと思います。

最新技術に熱中するのもいいけど、もちっと違う方面も…

Webサイト制作に関わる技術職の皆さんが最新技術に興味があって勉強するのはもちろん悪いことではありません。ただ、「HTML5がどうしたCSS3だったらこういうことができる」とかそういうのばかりを追い求めてもどうか、と。ここまで書いておいてなんですが(笑)。

html5resource-002

海外の有名サイトWebdesigner Depotで「Stop obsessing over HTML5 and CSS3」という記事が公開されてました。「obsess over」って「気になって仕方がない」みたいな意味でとってもらえばいいですかね。まあそのあまり技術技術って追っかけないで、他のことにも目を向けたり考えたりした方がいいじゃね?ほら、こういうこととかこういうこととか重要だぜ、みたいなもんですかね。

サイト制作といっても職域が細分化されているので、コーディングだけを担当している方なんかも多いかもしれません。仕事としてやらないといけないとは思いますし、いろいろな立ち位置があるのはわかります。ただ、あまり目先の技術のことにばかりとらわれてると、キャリアアップする時やこれから仕事をしていくうえで必要なことを知らないままってことにもなりかねませんからね。

自分の興味のあるものだけを選ぶのではなく、全然違う分野に触れる。新しいことを学ぶことに、貪欲にチャレンジしてほしいと思っています。自分の好きなことをするだけで、世界が完結するようになってしまっている。ネットの世界は、広いようで広くないのかなとも思います。

世界の大学めぐり : 6/20 慶應大学院 石倉洋子先生インタビュー

最後にWeb制作に従事されている方はもちろん、これからはじめようと思ってる方も含め、こちらの記事(日本語です)にも目を通されるといいかも。

Webの仕事ってWebのことだけ知ってればいいわけではありませんから。

Tags: , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE