電子書籍フォーマットの未来はこれかな?

KindleやiPadの登場以降、電子書籍がどうこうな話題をよく見かけます。イベントやセミナーなんかも花盛りと言ったところでしょうか。日本でも独自のフォーマットがうんたらとか、何を今さら言ってるんだね…って話題が出てきたり一体どうなることやら?って感じです。

電子書籍のフォーマットはいろいろありますが、ePubをサポートしているケースが目立ちます。そのePubでもいいわけですが、XHTML 1.1ベースの規格であり作るのもいろいろ面倒と。「どのみち電子書籍系はいずれWebブラウザでも読めるような形になるんじゃない?」と思ってましたが、どうやらHTML 5をベースとしてもっとシンプルなフォーマットにしちゃおうっていう「Zhook」なるものが動き始めたようです。

AmazonさんのKindleも新しいバージョンで内蔵のWebブラウザがWebkitベースになったみたいですし、最近発売されたデバイスのブラウザは割とWebkitベース。Webブラウザで閲覧するような未来がくるかどうかわかりませんが、世の中の流れ的にも策定中のHTML 5やらCSS 3に流れていますしね。何よりHTML 5はこれまでのHTMLよりもセクショニングの部分が強化されてますから、ePubよりは作り手にとっても都合が良いのではないかと。

ePubの後継になるかどうか、今後の動きに注目したいところです。

Tags: , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE