WebサイトとGoogleプロフィールを紐付けるAuthorship

タイトルには若干語弊があるんですが、Googleさんが先にブログで公開した「Authorship Markup」のことを書いておこうかと思います。これまでそんなにGoogleプロフィールを気にすることもなかったのですが、Google+も始まっていろいろ変わってきてますしね。

authorship

このAuthorshipっていうのは、「コンテンツ(の作者)とGoogleプロフィールを結びつけて、そのコンテンツの原作者が誰かなのかをはっきりさせること。それによって、Googleを使う人たちも検索結果からその作者を見つけやすくなるでしょう」といった感じでしょうか。

そんなわけで簡単ですが、Authorshipの追加の仕方をひとつ。

ブログを例に挙げて解説するとこんな感じ

わかりやすく説明するためにブログを例にしてみますね。ブログの記事っていうのは、それぞれの記事に執筆者がいます。執筆者が単体であるうちのようなブログもあれば、複数人で書いてるブログもあることでしょう。

その記事の執筆者が誰なのかは、記事に併記されたクレジットなどから確認できますし、名前の部分にリンクが埋め込まれていればサイトのアバウトページ(もしくはそれに準ずるページ)などでプロフィールを確認することができます。ここまでは既存のブログやWebサイトによくある形です。

でも、それだけだとそこで完結してしまう。そこでAuthorshipの登場です。

それを用意しておけばの話ですが、「Googleプロフィール」というのは、Googleにある自分のアバウトページだと言い換えることもできます。そのプロフィールページにはリンクを入れる箇所が右側に用意されています。その部分とサイトのアバウトページをリンクさせる、とGoogleプロフィールとサイトが紐付くわけですね。その関係性を手短に説明するとこのような仕組みになっているようです。

前述した説明の一部だけ取り上げると単なる紐付けに思えるけど、実は同じ内容のコンテンツが仮に大量複製されて別サイトに掲載されても、そのコンテンツが初めてネットに出た時の執筆者が特定できるわけですよね。コピー先があたかも自分が書いたように同じように紐付けたらアウトというか。Googleさんからしてみれば、文章の大半が同じであるうさんくさいコンテンツの発見、そういうサイトの排除にも役立つんじゃないかと思われます(なので、ブログ書いてる人はやっといた方が良いかもね)。

では、簡単に入れ方の説明を

まず、サイト内にある個々の記事に執筆者名にリンクを入れてアバウトページへのリンクを貼ります。この時に使うのが「rel=”author”」です。

Written by <a href=”http://example.com/about” rel=”author”>執筆者名</a>

このように「rel=”author”」を指定して、一旦アバウトページへリンクします。

それができたら、アバウトページには以下のように「rel=”me”」を使ってGoogleプロフィールへのリンクを追加します。

<a href=”GoogleプロフィールのURL” rel=”me”>執筆者名</a>

たとえば、ボクの場合は以下のようになります。

<a href=”https://profiles.google.com/108893305869300078846/” rel=”me”>こもりまさあき</a>

はい。サイト側の設定はこんな感じです。Googleプロフィールのボタンを使いたい場合は、こちらのページで生成することができます。

最後にGoogleプロフィールのページのリンクを編集して、リンク先が「自分のことについて書かれているページだよ」ってところにチェックを入れて保存しておきましょう。

gprofiles

ちゃんとリンクされてるかどうか確認するには、「Rich Snippets Testing Tool」で適当な記事のURLを入れてみると良いでしょう。

author
profile = http://example.com/about
verified = Verified: The author link points to an author profile page on the same domain as this page.

「Verified」という緑の文字が出てきたらおそらく大丈夫です。

最後のステップとして、この解説ページの一番下にあるリンク先のフォームから何やら入れてくれって書いてあるようなので一応入れておきました。複数のサイトを持っていたりする場合などの説明もここに書いてありますのでそちらを参考にしてください。

#WordPressでこの「rel=”author”」やら「rel=”me”」を追加する方法は、既にいくつかの記事が出ていますが、Yoastさんのとこにテンプレートをいじる方法が載っています。ご参考までに。

Tags: , , , , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE