Googleの「+1」ボタンを付けてみる、の巻

「おい、お前ら、Googleの+1ボタンのコードがウェブマスターズセントラルで配布されてるらしいぜ」との街の噂を聞きつけたので、いまのとこ英語版のGoogleにしか反映されないのですが、とりあえず仕込んでおくことにしました。

google-plus-1-button-001

ちなみに「+1」ボタンってのは、Facebookの「いいね!」みたいな感じで(というと語弊もあるけど)、コンテンツをGoogleや検索するユーザーにオススメするボタンだと思ってもらえばいいでしょうか。詳細はこの辺(英語)でも見てください(笑)。

ボタンサイズを選んで、コードを貼り付ける

「+1」ボタンのコードはこのページから入手できます。

google-plus-1-button-002

やることなんてほとんどなくて、ボタンサイズを選んで言語を選んで、表示されたコードをコピーして貼り付けるだけです。

<!-- Place this tag in your head or just before your close body tag -->
<script type="text/javascript" src="http://apis.google.com/js/plusone.js">
{lang: 'ja'}
</script>

こっちは</body>の直前あたりに入れておきます。コメントはいらないので太字のところだけ入れておけば大丈夫です。

<!-- Place this tag where you want the +1 button to render -->
<g:plusone size="medium"></g:plusone>

で、こっちは貼り付けたい場所に入れておきましょう。以上です。

補足

下の方の設置する場所に書くボタンのコードには、href属性でURLをいれておくことができますが、WordPressの場合はhead要素の中に「<link rel=”canonical” 〜>」がくっついてるはずなので入れなくても大丈夫です。いずれの値もない場合は、ブラウザのロケーションから拾うって感じみたいですね。

では、さっそくこの下にある「+1」ボタンを押してみましょうか(笑)。

Tags: ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE