こもり不思議発見

まったく世の中ってのは不思議なことが起こるものです。

まずは、Flickrで起こったこと

今年の1月1日からこもりの赤裸々な日常ということで、Flickrに毎日その日の写真をアップするようになって246日目の9月3日、あることが起こりました。

普段は一日平均200–400 viewぐらいで遷移している私のFlickrのページの一日のアクセス数が「2,909 view」になってました…。何年か前にブログをバンバンやってた頃は一日大体3,000–4,000ページだったような記憶はありますが、Flickrでもたった一日だけとはいえこんな数字が出るもんなんですねえ…、不思議。

flickr-stats

Wikipediaやらblog.wired.comに使われても大してアクセスが増えるわけではないのに、この日は一体何が起きたのでしょう(笑)。リンク元とか見てもほとんどがFlickr内からなんですよねえ…。

iPhoneとかiPod touchの壁紙を作ってアップして、それ系のグループに投稿するとガクン!と急上昇するのはわかっていますが…、まったく不思議です。

次はGoogleで起こったこと

一昨日の夜、15年ぶりぐらいでしょうか、高校時代の同級生から携帯に電話をもらいました。実家の方の人たちは、僕が今東京でどういうことをしているのか知ってる人は限りなく少ないので、最近はあんなことやこんなことしてるよって話をしたわけです。で、平仮名で「こもりまさあき」で検索すれば出てくるからと。

そういえば最近自分の名前で検索するなんてこともしてなかったなぁと思い、Googleさんで検索してみてビックリ。一般企業のWebサイトが検索結果のトップに出た時によく見られる光景が目に入りました。企業の場合は、ナビゲーションメニューの項目というか「会社概要」「製品情報」みたいなリンクが表示されることが多いわけですが、それと似たような表示がされているではあーりませんか!

google-result

と、こんな感じなわけです。表示されているのは、最近割とアクセスの多いエントリーをはじめとしてバラバラなんですよね。どうせだったら2番目に出てるaboutのページもまとめてくれると助かるのに(笑)。

これはFirefoxのAddonsで「CustomizeGoogle」なんてのをいれてるせいかな?なんて思って、Safariで見たのですがやっぱり表示されている。

でも、何故なんでしょう、別に有名人でもないのに。世の中不思議です。



最後に最近得意の余談コーナー。

Flickrというか、写真を見せることの話

アクセス数がどうこうといった話を冒頭に書いたわけですが、それはただの数字的な指標でしかないのでそれはそれとして置いといて、と。

これから写真を始めたりFlickrを使い始める人は、ただアップして自分だけもしくは身内だけの閲覧で終わらせないのが良いと思います。写真の上手下手は関係ないですし、自分以外の人の目には初めて見る絵のはずですから、どんどんいろんなグループに参加してそこのプールに投稿してみましょう。

「みんな見てよ、僕今日こんなの食べたよ!」みたいな軽いノリで。島国サイトに閉じこもらず、グローバルなFlickrみたいなサイトの方がより多くの人の目にも触れる確率が高くなります(笑)。

そんなことをしてると、思わぬところから「使っても良いか?」とか連絡がきたり、与り知らないところで自分の写真が使われてたりします。時には、ブログで「この人の写真大好き」って紹介してくれる外国の方がいたりも。自分では大したことはないと思っていても、それが誰かの心を動かすこともあるんですよね。

写真は撮ったら見せてなんぼです。
公開できないモノ以外は引き出しにしまわない方が良いんじゃないかと。アーティストでなければ著作権をバリバリに効かすのではなく、許せる範囲でクリエイティブコモンズ(解説図 | 説明)の設定なんかをしておけば、いろんな人が紹介してくれたりしてそれを見たまた別の人の心を動かす機会も増えるのではないかと。

なので、これからも似たような写真ばっかですが懲りずにアップし続けたいと思います(笑)。世界各国の人からいただくフェイバリットとかコメントがあって、それが励みになりここまで続けられています…、ありがとうございます(深々)。

最後にFlickr使っている人に。自分のページのアクセス数やらリンク元といった情報はこちらからご覧になれます。

Tags: , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE