「思考の整理学」を薦めてみようか

今週頭の王様のブランチで紹介されていたので買ってみました。20年前の本ですが、2008年度に東大・京大で一番読まれた本だそうです。

普段多くの人はいろいろなことを考えながら生活をしています。それも、時に悩んだり苦しんだりしながら。どうすれば良いのかわからない、もっと効率的なやり方はないんだろうか、なんてね。

まだ冒頭の1〜2章目を読んで全体をパラパラっと流した程度ですが、これは読んだ方がいいんじゃないですかねえ。学生さんやもう社会に出てしまった人はもちろん、学校のお勉強だけは一人前だけど、こと仕事に対しては勉強しない部下をどう扱っていいかわからない管理職の方にもいいかもしれません(笑)。

騙されたと思って冒頭の40pぐらいまで読んでみましょう。単に思考を整理するだけの話ではありません。書かれていることのいくつかは既にやっている人もいるかもしれませんが、それでも何かしらの気付きがあるんじゃないかと。

ま、思うところが多々あるから薦めるわけです。

思考の整理学(Amazon.co.jp)

#ボクのことを実際に知ってる方、このブログを読んでくださってる皆さんの中には「なんで全部を教えてくれないんだろう?」と感じている方も多いかと思いますが、その答えはこの本の冒頭に書かれています(ある意味代弁してもらってる 笑)。

Tags: ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE