ClearCamでiPhoneやiPod touchの写真をキレイに

iPhoneも4になってカメラが高解像度化されたり、iPod touchにもカメラが搭載されています。とはいえ、日本の携帯電話のように「すげえ!コンデジじゃないの?」っていうほどの高解像度ではありません(実際、そこまで必要かどうかはおいといて)。

clearcam

3Gの頃に比べれば格段に良くなったiPhoneのカメラ機能ですが、「ClearCam」を使えばiPhoneやiPod touchの写真をもっとキレイに撮ったり、複数枚を撮影して高解像度版のデータを保存できるんです(iPhone 4だと約11MBのデータになる)。

※この写真もiPhone 4のClearCamのEnhancedモードで手持ち撮影

動きのない被写体は、ClearCamでキレイに記録

ClearCamには「Quick」と「Enhanced」の2種類のモードが用意されています。

Quickモードは、一回の撮影で4回シャッターが切れて、その中で一番キレイに撮れている写真が自動的に保存されます。もう一個のEnhancedモードは、6回シャッターが切れて一時的にアプリ内に写真のデータが保存されるので、それを元にして高解像度の写真を作ってくれる、という感じです。

使ってみた感じ、動きのない被写体を撮るのなら4枚連写で1枚をピックアップしてくれるQuickモードで十分実用的ですね。Enhancedモードは、コンデジ代わりにiPhoneを使っていて写真をリサイズとか加工して使用するような方に向いてるかもしれません(実寸で見ると違いはよく分かります)。

Enhancedモードの使い方はこんな感じで

簡単に使い方を書いておきますか。

Enhanceモードはアプリの画面下にある「Enhanced」をタップして切り替えます。あとは、画面中のフォーカスポイントを決めてシャッターのボタンを押します(フォーカスポイントの操作は、タップ数で挙動が違います)。すると、6回シャッターが切れて撮影が終わって自動的にQueueに保存されますので、以下のような手順で高解像度版のデータを作成します。

  1. 右下にあるフォルダアイコンをタップして「Photo Queue」画面に切り替え
  2. 保存されている写真をタップして、右上の「Align」ボタンをタップ
  3. 同じ位置に出てくる「Enhance」ボタンをタップして高解像度版を作成
  4. オリジナルと変更後の画像を比較して、左下の保存ボタンでライブラリに保存

といった流れです。開発者の方がYouTubeにこの手順を解説した動画を掲載されてますので、それを見てもらえばすぐわかるでしょう。

これは使う人を選ぶというか、誰もにオススメってわけではありません。「俺は気合い入れて写真撮るんだぜ」って方にはいいかもしれませんね(笑)。

ClearCam(iTunes Store)

Tags: , , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE