電子書籍読むのに便利なDocStorm

iPadでPDFやテキストなどの書類を読むためのアプリは数多くあれど、それにePubまで付け足すと選択肢が結構狭まったりするものです。ボクが使ってる「ReaddleDocs」は、PDFやテキストはもちろんePubにも対応していますが、さすがにePubの中に適用されたCSSまでは現時点ではちゃんと反映してはくれません。

docstorm-000

Stanzaのような電子書籍ビューアでも同じで、ePubを入れただけでは単に読めるってだけ(強制的にCSSを適用する方法はあるとはいえ)。そういう面では PDFも読めるiBooksがよかったりするんですが、いちいちiTunesで同期したりダウンロードとかでデータを追加するのはちょっと面倒…。

そこで登場するのがこちらの「DocStorm」。

転送はWiFiだけど…。一通りの機能は備えるDocStorm

DocStormは、ドキュメントを読むことに特化したリーダーアプリです。

対応しているフォーマットは「PDF/TEXT/ePub」しかありませんが、PDFの場合はサムネイルも表示されますし、ePubの場合はちゃんとその中に指定されたCSSによるレイアウト・デザイン情報がちゃんと反映されます(Webkit使ってるのかな?)。

docstorm-001

輝度調整の機能、ブックマーク機能、TwitterやFacebookを使った共有機能などもちゃんと用意されていて、その辺はまるでKindle for iPad。

docstorm-002

PDFを開いた時は、埋め込まれた目次からはもちろんですが、画面下の方をタップしてサムネイルから読みたいページを選択することができます。サムネイルから読みたいトコにジャンプ。この辺はZinioみたいな感じですね。

docstorm-003

ePubの場合は、さすがにその仕様上サムネイルは表示されることはありませんがスライダで移動できますし、フォントサイズの調整も当然のことながらできます。もちろん日本語のePubでも問題ありません。ひょっとしたら縦書きのePubもいけるかもしれませんね(試してはいませんが 笑)。

docstorm-004

画面が暗くキャプチャされていまってるんですが、ePub内にCSSが含まれレイアウトやデザインが適用されていればご覧のとおり、よくあるePubリーダーみたいな地味な表示ではなく、ちゃんとそれが適用された状態で閲覧できます。この辺はiBooksも同じですね。

データの登録は、現時点ではiTunesを使った転送以外にWiFiでアプリに直接アップロードという二通りの選択肢しかありません。ePubの場合は「めくった感」という余計なギミックがありますが、これがオン・オフできるようになったり、Dropboxとかから転送できるようになったらもっと便利になるんでしょうね。

今後に期待です。

DocStorm for iPad on the iTunes App Store

Tags: , , , , , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE