今度は電子書籍(HTML5とかePub)で

先日告知したアクティブカレッジさんでの「HTML5基礎講座」も無事に終わりました。受講いただいた皆様、ありがとうございました。さて、舌の根も乾かぬうちにといいますが、来たる11月16日(水)に今度は「HTML5とCSS3で作る電子書籍」という講座が開催されます。

activecollege-ebook

「電子書籍が売れてない」だの「Amazonがついに日本に」だのと話題も出ておりますが、世の中いろいろと移り変わっておりましてね。

どんどん、ePubへの流れが加速中なんです

最近の話題だと、あのYahoo! JAPANさんが電子書籍フォーマットのグローバルスタンダードともいえる「ePub」形式を採用されて「Yahoo! ブックストア」をオープンされましたし、オンラインショッピング大手の楽天さんもカナダの「Kobo」という会社を買収されました。Koboで読めるフォーマットは、PDFとePubだったりします(もちろんHTMLとかも)。

再生デバイスが限られる特殊なフォーマットで電子書籍を展開する場合、その売り上げは市場に出ているデバイスの規模に左右されます。つまり、現状の流れとこの先の未来を見据えた場合、専用のリーダーがいらない(というか、好きな環境で読みやすい)ePubを採用し、HTML5を採用した「ePub3」に照準をしぼるのがいいのではないでしょうか。津田大介さんも最近メルマガをePubで配信されていたりもしますね(笑)。

次の未来も見据えてね

ePubの中身はほぼHTMLですから、この先遠くない未来にWebブラウザで閲覧するような時代が来ても大した問題ではありません。それを流用すればいいだけの話です。前出のAmazonも現在はオリジナルのフォーマットを採用していますが、Kindleの次期フォーマットは「HTML5とCSS3」がベースとなるようです。

ePubの自体はツールを使って変換することもできます。でも、ツールを使ったからといってそのまま使えるわけではなくて、やはり人の手で多少修正する必要もあります。電子書籍制作には、「デバイスへの対応を含めた最先端のWebサイト制作の知識やテクニック」も欠かせません。

今回のこの講座では電子書籍界隈の基礎知識から、HTMLをベースとした実際の制作手法、他のフォーマットへの変換などを解説します(あ、もちろんハンズオンです)。出版関係の皆さんはもちろん、現在Web制作をおこなっている皆さんも新しいビジネスのひとつとして、世の中の動きに乗り遅れないように今のうちから準備をしてみませんか?

詳細、受講のお申し込みはこちらから

Tags: , , , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE