こないだの話の続きなんだけどね

こないだのWiredの話、何てこともなくただボクが思ってることをツラツラ書いてみただけなんですが、Tweetやブックマークなどで思いの外反響があったようでして…、お読みくださった皆様ありがとうございます。

で、実はあの話は前振りというか続きがあるので、今日はその残りとなりそうな話を書いてみようかと思います。例によって長いです…(笑)。

電子出版につきまとうもの

iTunes Storeを見ていると、Wiredのように単発のアプリケーションとしてリリースされている既存の雑誌は日本でもいくつか出ています。各号がひとつのアプリなのでこのまま続けば毎号買うというスタイルになる、と。

このような電子媒体はひとつのデバイスで閲覧すると割り切れればいいのですが(もしくは単一のプラットフォームでしか提供されない。それが良いのか悪いのかはおいといて)、時と場合によってはiPadで買ったものをiPhoneや携帯電話で読みたいということもあります。

そこが問題なんですよね。「別のデバイスになったら、また同じ値段で同じモノ買うの?」って話になってしまいます。おそらく提供側の方もこの辺の問題が一番困ってるんではないかと思われますが、いかがなもんでしょうか。

現実的に考えれば、ユーザーアカウントや購入履歴は自分トコで保持しておいて、それをもとにデバイス毎のデータのダウンロードを許可するっていう形になるのでしょう。AmazonのKindleやO’reillyが既に採ってる方法ですね(※O’reillyはEpubをリーダーで読むとかPDFをダウンロードさせる形)。

雑誌で同じ形をとってるZinio

そこで雑誌でその形態をとってるトコないのかな?って海外に目を向けてみたら「Zinio」っていうところがありました(国内だと電通さんの「MAGASTORE」とか、いきなり落ちてる「ビューン」なんかがこの形態になるのでしょうか)。

ziino-00

iPhoneやiPad向けには「Zinio」というアプリ、ブラウザで読むのはFlashのサイト、デスクトップ用としてはAirアプリが提供されています(FlashもAirアプリも使い勝手悪いです…)。

iPhoneとiPadのアプリケーションは、オンラインストアのフロントと書籍の検索ができるブラウザにPDFリーダーを内蔵した形。KindleやStanzaみたいなもんです(余談ですが、Stanzaは最近日本語のPDFやePubなんかにも対応しています)。

起動すると数ページが立ち読みできる雑誌などが並んでいます。

ziino-01

こんな感じの画面で購入したい雑誌を選んで、と。

ziino-02

リンクをクリックすると、Safariが立ち上がってZinioのサイトに繋がり購入画面がでるのでそこでチェックアウトする形です。購入した雑誌は、各アプリのライブラリに表示されます。その段階ではまだデータがダウンロードされてないので、タップして雑誌を開くと数分でデータがまるっと落ちてきます。

このあたりはOZ magazineみたいに細切れでダウンロードさせてるのと違うトコですね(iPadの通信をのぞき見してみると面白いですよ 笑)。

書店の本棚を眺めてから購入までのステップ、読むまでがこのアプリケーションでほぼ完結するわけですね(※購入操作はSafariになりますけど)。最後に開いていたページは記憶しているので同じデバイスなら続きを読むのも問題ないですし、一度ダウンロードしたデータはもちろんオフラインでも読めます。

でね、話の本題はここからなんですよ(笑)。

なんだこりゃ。異常にキレイなんですけど…

日本の雑誌のアプリケーションもいくつか見てみましたけど、同じようなPDFベースっぽい作りであってももろもろの質が違いすぎます(※いまはお試し版とかで無償だったりするのでセーブしてあるのかもしれませんが)。

ziino-07

書体はライセンスの関係もあるでしょうし、こちらは欧文なのでフォントの埋め込んでもデータサイズが抑えられたりとかいろいろあるのかもしれませんが、拡大するともわっとしてしまう国内の雑誌とかとは明らかに出来が違うという…。

本文に限らず広告なんかの写真もそこそこの拡大には耐えられる品質で、Wiredや他の雑誌アプリ同様ムービーやイラストが拡大できるものもあります。

ziino-03

スワイプしてページをめくるなんてこともできますが、購入した雑誌の目次にはちゃんと該当ページへのリンクも埋め込まれてますし、文中であろうが広告だろうがちゃんとリンク済み(というか、PDFベースならリンク入れるぐらいは屁でもないことですからね、数の問題はあるけどw)。

ziino-08

数冊買って比べてみましたが、雑誌データの基本仕様は共通していて、ページを開いてる時に目次の表示をおこなえばすべてこの形の目次が表示されます。

ziino-09

下のサムネイルをスワイプしてページ探すのは面倒だし、目次だけ見てもわかんないときはちゃんと見開き単位のサムネイルから目的のページに飛ぶこともできると。

いやいやちゃんとできてます。

権利の問題とかあるかもしれないけど、テキストの抽出は必須かな

また、すべての雑誌が対象というわけではありませんが、記事のテキストは「Text」ってボタンをタップすればそれだけを抽出して読むことができるようになってます。

ziino-04

上の地図みたいに写真やイラストの上に文字が載せられたりするデザインだと読みにくいですからね…。紙だと目を近づけてとかできるんですが(デジタルでも拡大して品質が保持されるのであれば別ですけどね)。

ziino-05

ziino-06

で、このテキストはそのまま全文とサイトへのリンクをいれたメールとして友達に送信することもできます。友達に「今度ココ行こうぜ」とか「これ良くね?」みたいなメールもできるし、下手したらその人が雑誌を購入するかも知れませんもんね。

テキストの抽出はOZ magazineさんも同じような仕組みをとられてますが、権利の問題なんかもあるのでしょうかメールはできません。

で、同じことをSafari 5もやってきた!

話は突然変わりますけど、今日はiPhoneの新しいモデルとWebブラウザ「Safari」の最新バージョン5の発表がありました。iPhoneにはiBooksも使えるようになるみたいですが、驚いたのはSafariの方です。「Safariリーダー」なる機能が追加されたのはいいんですが、これがまさにそれ(笑)。

RSSなどを使ったフィードを配信しているサイトはそのままRSSリーダーを起動する、フィード配信に対応していないサイトではURLの入力欄右に表示される「リーダー」のリンクを押すと、この雑誌のように本文のテキストを抽出する仕組みになってます。

zinio-10

ほらね。同じでしょ…。メールもできるしプリントもできると。Webもいろんな余計なものがあったりで、どこを見て良いのかわからなかったりしますからね…。

もはやどんなに頑張って作った視覚的な演出や画像表現なんて無視されるわけです。大事なのはテキストが抽出できるかどうか。いやそれはそれで全然構いませんが、これからのことはいろいろ考えなければいけませんね。

結局、読みたいデバイス、読みたいフォーマットなのかな?

とまぁ、ちょっと話はそれましたが、Webにしても電子雑誌にしても閲覧者が最終的にそこに何を求めてるのか、なんですよね。固定されたフォーマットで読むことを望んでるのか、RSSリーダみたいにテキストと必要に応じたリンクだけなのか。

通販カタログみたいなものをテキストで並べられてもそれはそれで困りますが(笑)。内容如何で最適な見せ方はあるわけですから一概には言えませんが、提供側のこだわりは場合によっては余計なおせっかいに感じることもあります…。

このZinioは、機能を限定しながらちゃんと読み手のことを考えられて作られている電子雑誌のビューアーであり、それに最適化されて記事が読めるって感じで素敵です(少なくとも現時点でのボクの感想ですが)。

やはり、もうアカウントは別で持たせて配信するのはビューアー兼ブラウザみたいなアプリだけ、必要に応じて読みたいモノだけ購入みたいな形がいいのですかねぇ…。ビューアーの使い勝手に左右されますが。さてさて、どうなっていくことやら。

ボクはすごく雑誌を買う人なので、良い方向に転がることを期待しています。

#ちなみになんでこんなにあれこれ考えてるかって言うと、ボクが雑誌を出すことはないにしてもこの類のインターフェイスを考えなければならない可能性はゼロではないし、電子書籍のフォーマットとしては自分の書きたいものをやりたいような形で出してみたいな、って思ってるからです。

Tags: , , , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE