iPhoneの写真をブリーチバイパス風に

最近Webな話ばっかりだったので、ちょっと方向を変えて今日はiPhoneの写真の加工の話でもしてみようかと。

写真の現像の手法のひとつに「ブリーチバイパス(スキップブリーチ、銀残し)」ってのがあって、これをやると「彩度が低くて、コントラストが高い」という独特の表現になると言われてます。映画とかでも使われる手法ですかね。

iPhoneの写真には現像なんてプロセスはありませんが、ありもののアプリを使ってなんとなくその効果をシミュレートしようかな…と思ったわけです。

ということで、早速やってみましょう。


その前に。Kodakさんによるブリーチバイパスの解説はこんな感じ。

“Skip Bleach”、“Bleach Bypass”、“ENR”などと呼ばれる、いわゆる銀残しが業界でかなり普及してきている兆候があり、特殊なルックやムードをのぞむ作品で利用されています。これらは、フィルム現像の漂白と定着過程で取り除かれる銀の一部またはすべてを、色素と一緒にフィルム中に残すという技術であり、様々な方法により実践されています。残留銀は、画像コントラストを増し、グレーや黒の成分を色素に加える作用によって全体のサチュレーションを落とすという効果を生み出します。

銀残しについて

ということで、キーワードは彩度とコントラストです。

bleach-before bleach-after

ボクのiPhoneは3Gなのであまりキレイではないんですけど、こんな感じで普通に撮影したなんてことない写真(左)がこんな感じ(右)になっちゃいます。夜めな写真が雰囲気でるかと思いますが、日中の写真でももちろん大丈夫。

ちなみに今回の加工に使うのは、ミニチュア風な写真が撮れることで有名な「TiltShift Generator」を使います。実は、これに用意されているフィルタ類がブリーチバイパスっぽい加工にももってこいなんですよね。

とりあえずキレイな写真を撮りましょう

写真を撮ってぶれるのは「シャッター押すときに動くから」です。
iPhoneの場合、シャッターボタンを押して手を離すときにいやでも動いちゃうから、シャッタースピードが速い日中とかでないと確実にぶれます(たぶん)。

TiltShift Generatorでも撮影はできますが、どうせやるならキレイな元写真がいいので、手ぶれ防止的な機能の付いたカメラアプリを一個用意します。セルフタイマーとか付いてれば完璧ですね。ボクは最近「Darkroom Premium」ってヤツを使ってます(無償版もあり)。

写真が撮れたら、TiltShift Generatorへ

保存した写真をTiltShift Generatorで開きます。

bleach-001

このアプリは、ティルトシフトレンズで撮った(ミニチュアっぽい)写真をシミュレートするものですから、Photoshopなんかでミニチュア風な写真にする時にやるように、ボケの範囲やかかり具合を調整できるだけでなく、彩度やコントラストの調整も自由自在なんですね。

ブリーチバイパスっぽいのは「彩度を低くしてコントラストを高くする」ってのがミソなので、この彩度とコントラストの調整機能を活用するというわけです。

ボケの範囲を少なく調整する

ミニチュア風な写真はピントが合ってる箇所とそうでない箇所の間を極端にぼかすことで、それっぽく見えるようになるんですが、ここはあえて逆にぼかさない方向で調整します。

bleach-002

TiltShift Generatorは、ピントの合ってる場所とボケの範囲を画面内のタップとピンチ操作(二本指でグイーッてやつね)、スライダによる調整で細かくコントロールできます。ここでは、レンズのボケを軽く再現するぐらいに調整しておきましょう(ぼけてるのが好きならそれはそれで 笑)。

彩度を低く、コントラストを極端に上げる

ここからが一番のポイントです。何度も言うように「彩度を低く、コントラストを高く」ですから、彩度のスライダは左方向、コントラストのスライダは右方向にガツンと調整します。

bleach-003 bleach-004

このサンプルではあまり彩度を落としていませんが、彩度もコントラストもやりすぎなぐらいにやった方がそれっぽくなります。中段の明るさのスライダは、写真に合わせて調整しましょう。最後に、周辺の光量落ちなんかをシミュレートしてお終い、と。

iPhoneアプリの中には「Cool FX」みたいにブリーチバイパスやその他の効果をシミュレートするアプリもありますが、こんな感じでどういう効果がかかるのかさえわかってれば、無駄にお金を使わなくても既に持っているアプリでそれっぽく表現できると(※Cool FXはあればあったで便利です 笑)。

以上が、多くのiPhoneユーザーが持っているであろうTiltShift Generatorを使ったブリーチバイパス風な写真の作り方でした。一粒で二度美味しいってやつですね(笑)。

最後に、適当に補正した写真でも載せときますか。

  • bb-thumbnail-001
  • bb-thumbnail-002
  • bb-thumbnail-003
  • bb-thumbnail-004
  • bb-thumbnail-005

#Photoshopでやりたい人は同じような手順でそれっぽいのは作れます。一応Windows専用ですが「Bleach Bypass Pro」ってプラグインが公開されているようですね。ボクはNik Softwareの「ColorEfex Pro」でやることが多いです(Photoshopじゃありませんが)。

#なんか最近嘘くさいHDRを作ってそれにブリーチバイパスかけてる人が多いみたいですが、それはちょっと違うんじゃないかなぁ…(笑)。

(追記: 2010.01.23) Photoshop.com Mobileがアップデートされてコントラストの調整ができるようになりました。これでボケの範囲の調整がいらなければiPhoneのPhotoshopでもできますね。

Tags: , ,

   

Comments are closed.


Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE